産経ニュース

火星探査機インサイト、NASAのチームが語った期待と「困難な道のり」

WIRED WIRED

記事詳細

更新


火星探査機インサイト、NASAのチームが語った期待と「困難な道のり」

 米航空宇宙局(NASA)が火星探査機「インサイト(InSight)」の打ち上げに成功した。11月下旬に火星へと無事に着陸できれば、地震計や熱流量測定装置を用いて内部構造を探ることになる。無事に火星に到達し、その謎を解明するまでの道のりはいかに困難なのか--。NASAのプロジェクトメンバーたちが語った。

米航空宇宙局(NASA)が、火星探査機「インサイト(InSight)」の打ち上げに成功した。火星に探査機を送り込むのは11年の「キュリオシティ」以来で、期待が高まっている。

火星の調査は大きな注目を集める。ほかの星のパノラマ写真や、そこを縦横無尽に走る探査車には誰だって興味がある。だが、NASAの最新の“スパイ”は動き回ったりはしない。インサイトはローヴァー(探査車)ではなく、ランダー(着陸船)なのだ。

関連記事火星探査機が宇宙を「汚染」しないために、クリーンルームで行われていること

また、火星から夢のような写真が送られてくるとしても、それは地表の景色を写したものではないだろう。そもそもインサイトは「Interior Exploration using Seismic Investigations, Geodesy, and Heat Transport(地震調査、測地学、熱伝達を使った内部探査)」の略で、今回の目的は火星の内部を調査することなのだ。

惑星物理学的なアプローチにより、火星および太陽系のほかの惑星の成り立ちや現在までに起こった変化、物質組成などについて、さまざまな謎が解明されるだろう。火星への到着は11月26日となる予定で、着陸地点は北緯3度に位置するエリシウム平原と呼ばれる広大な平野だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 火星探査機インサイト、NASAのチームが語った期待と「困難な道のり」