産経ニュース

『スター・ウォーズ』のこれからに新たな噂 ハン・ソロの生い立ちから、フォースの霊体まで

WIRED WIRED

記事詳細

更新


『スター・ウォーズ』のこれからに新たな噂 ハン・ソロの生い立ちから、フォースの霊体まで

情報源:『ニューヨーク・デイリーニューズ』紙の匿名情報(実在するのかすら不明な情報源)

信憑性:嫌な予感がする。

実際のところ:最終話におけるフォースの霊体といえば、『ニューヨーク・デイリーニューズ』が4月14日付で特ダネを報じている。2019年に公開されるJ.J.エイブラムスの作品に、あるジェダイが登場するというのだ。

匿名の情報筋によると、「ヨーダが霊体として現れ、レイがジェダイとして成長したことを認める」らしい。「その場面の撮影は年内に行われる予定」とか。

ポジティヴな見方をすれば、ヨーダがスカイウォーカーの物語の全編を通じて登場することにはある種の一貫性がある。旧三部作でも新三部作でも、2作目と3作目には出ているのだ。しかしそれにしたって、こんなに早い段階でこの種の内部情報を漏らす情報源を『デイリーニューズ』が確保していると、本気で考える人などいるだろうか。ルーカスフィルムの秘密主義も考慮すれば、この話の信憑性は低いだろう。

シリーズの監督を巡る新たなる希望

情報源:エイヴァ・デュヴァーネイのツイート

信憑性:100パーセント本当

実際のところ:シリーズのこれまでの監督には全員が白人男性という共通点があったが、遥か彼方の銀河系で喜ばしい変化が起きている。エイヴァ・デュヴァーネイがTwitterで、次回作のセカンド・ユニットの監督はヴィクトリア・マホーニーだと明らかにしたのだ。

テレビ監督としてキャリアを積んできたマホーニーは、デュヴァーネイがプロデューサーを務めるCBSの番組のパイロット版を監督したばかりだ。『スター・ウォーズ』で黒人女性がセカンド・ユニットの監督を務めるのは初めてとなる。

もしかしたら、彼女が次回作でブラック中隊を救ってくれるかもしれない。ヴィクトリア、シーンの後ろのほうにみんなをこっそり登場させて!

このニュースの写真

  • 『スター・ウォーズ』のこれからに新たな噂 ハン・ソロの生い立ちから、フォースの霊体まで