産経ニュース

映画『パシフィック・リム:アップライジング』の欠点、それは「デル・トロが足りない」ことだった

WIRED WIRED

記事詳細

更新


映画『パシフィック・リム:アップライジング』の欠点、それは「デル・トロが足りない」ことだった

『パシフィック・リム』の続編『パシフィック・リム:アップライジング』が公開された(日本公開は4月13日)。絶大なる人気を誇る作品の続編だが、最大の欠点は、監督が「ギレルモ・デル・トロではない」ことだった。いったいどういうことなのか。

PHOTOGRAPH COURTESY OF JASIN BOLAND/UNIVERSAL STUDIOS PHOTOGRAPH COURTESY OF JASIN BOLAND/UNIVERSAL STUDIOS

2011年、ギレルモ・デル・トロ監督が『パシフィック・リム[日本語版記事]』を初めて大々的に宣伝したとき、この映画のことを「めちゃくちゃでかい怪獣が、めちゃくちゃでかいロボットと戦う映画」だと上機嫌で説明した。同監督はこの作品について、いつでもこんな風に、まるで子どものようにうれしそうに話していた。

彼は、この映画の前身とも言える日本のアニメ『ヴォルトロン』にも夢中だった。数十年前から米国で放映されていたSFアニメだ。

デル・トロがつくろうとした映画は、遊び場で繰り広げられるおもちゃの戦いを大規模にしたものといえる。自分自身のおもちゃをつくるのに必要な情熱とリソースをもつ男が、想像力でつくり上げたものだ。この情熱がなければ、これはただの『トランスフォーマー』、すなわちただ殴り合うだけの、ハートのないロボット映画になっていただろう。

他人の砂場で、他人のおもちゃで遊んでいる映画

そして、「10年後」を描く続編『パシフィック・リム:アップライジング』は、デル・トロがいなければこの映画がどういう作品になっていたかを示している。スティーヴ・S・デナイト監督によるこの続編を批判しているわけではないが(もっとひどい「ロボット破壊映画」になっていた可能性もある)、ほかの誰かの砂場で、ほかの子どものおもちゃを使って遊び回っているのは明らかだ。

怪獣とロボットのバトルは2回目でも同じように楽しいが、オリジナルと同じ曲を演奏することで満足しているように思える。デル・トロと、原作者トラヴィス・ビーチャムの技量を欠いた『アップライジング』は、結婚式のバンドがカヴァーヴァージョンで『パシフィック・リム』を演奏するようなものだ。

こんなふうになったことは、まったく興味深い。

続きを読む

このニュースの写真

  • 映画『パシフィック・リム:アップライジング』の欠点、それは「デル・トロが足りない」ことだった