産経ニュース

3Dプリンターでつくられた宇宙船で、人類は再び月を目指す

WIRED WIRED

記事詳細

更新


3Dプリンターでつくられた宇宙船で、人類は再び月を目指す

史上最強のロケットで宇宙へ

NASAの宇宙船「オリオン」は2023年までに、人類がかつて行ったことないほど遠くへと、最大4名の宇宙飛行士たちを運んでいく予定だ。

史上最もパワフルなロケットに載せられて打ち上げられるこの宇宙船は、地球を2周したのちに月を数周し、地球へと帰還する。開発を担当しているのは、ロッキード・マーティンとエアバスだ。

2019年の“無名”の試験飛行でも使われる予定のオリオンは、NASAの有人宇宙探査計画の核となる。この宇宙船はやがて、クルーを火星やその先へと運ぶようになるだろう。

オリオンは、スペース・ローンチ・システム(SLS)で打ち上げられる最初の宇宙船でもある。SLSはNASAの大型ロケットで、打ち上げ時の推力は記録破りの5,000トン(500万kg)である。

太平洋での実験で使用されたオリオンのプロトタイプ。PHOTOGRAPH COURTESY OF NASA

続きを読む

このニュースの写真

  • 3Dプリンターでつくられた宇宙船で、人類は再び月を目指す