産経ニュース

YouTubeの「不適切動画」を仕分けする人工知能は、薄給のワーカーたちが支えている

WIRED WIRED

記事詳細

更新


YouTubeの「不適切動画」を仕分けする人工知能は、薄給のワーカーたちが支えている

 YouTubeが「不適切」とされる動画を仕分けするコンテンツ・モデレーションを、人工知能(AI)で自動化しようとしている。そのAIを訓練する地道な作業は、実はクラウドソーシングによる薄給のワーカーたちが、1円単位の細かなタスクを繰り返すことで成り立っていた。

IMAGE: GETTY IMAGES IMAGE: GETTY IMAGES

ここ数年、YouTubeが動画のモデレーションに奮闘していた[日本語版記事]のは明らかだ。彼らはこれまで、子ども向けコンテンツを含むさまざまなジャンルにおいて、不適切・不快な内容の動画を削除できなかったという不祥事に直面している。

話はユーチューブという企業の問題からそれることもあったが、ときには同社の社員がポルノや暴力的な内容の動画を直に削除し、さらには請負業者が人工知能(AI)に不快なコンテンツを検出させるトレーニングを行うなどして対応してきた。そんな機械学習の一部が、実はクラウドソーシングマーケットプレイス「Amazon Mechanical Turk(アマゾン・メカニカル・ターク)」に並ぶタスクを見れば、垣間見えてくる。

メカニカル・タークは、企業や学術研究者などが、アマゾンのマーケットプレイスを介して個人に作業を依頼できるシステムだ。メカニカル・タークのワーカーは、たった1ドル以下の支払いと引き換えに、「ヒューマン・インテリジェンス・タスク」と呼ばれる極めて単純な仕事を引き受ける。作業内容は写真の識別や音声録音の書き起こし、アルゴリズムのトレーニングなどだ。

ワーカーはモデレーションの直接的な決定権をもっていないが、さまざまな角度から定期的にYouTubeの機械学習ツールをトレーニングする。トレーニングされたツールは、単に不適切な動画を検出するだけでなく、動画を薦めるアルゴリズムのような別のYouTubeのシステムにも影響を及ぼすという。

「ユーチューブとグーグルは何年もの間、メカニカル・タークにモデレーションのタスクを掲載していました」と、ワーカーのひとりであるロシェル・ラプランテは語る。彼女はわたしたちに、メカニカル・タークで依頼されたという業務を見せてくれた。

続きを読む

このニュースの写真

  • YouTubeの「不適切動画」を仕分けする人工知能は、薄給のワーカーたちが支えている