産経ニュース

ユーチューブのポリシー変更が生んだユーチューバーの「怒り」は、いかに銃乱射へと向かったのか

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ユーチューブのポリシー変更が生んだユーチューバーの「怒り」は、いかに銃乱射へと向かったのか

 ユーチューブの本社で女が銃を乱射して3人が負傷した事件は、YouTubeの収益化ポリシー変更にユーチューバーだった女が不満をもっていたことが原因である可能性が高い。犯行後に自殺した女の「怒り」はなぜ生まれ、いかにYouTubeへと向かい、そして銃乱射という事件へと発展したのか。

 カリフォルニア州北部のサンブルーノにあるユーチューブの本社で4月3日(米国時間)、女が銃を乱射して3人が負傷した事件。地元の警察署は、犯人がサンディエゴ出身で30代後半の女、ナシーム・ナジャフィ・アグダムであることを明らかにした。

 アグダムは、動物愛護やヴィーガニズム、デモ活動といった話題までカヴァーする数々の動画をYouTubeに投稿していた。また彼女は、YouTubeへの自分の投稿が「差別され検閲を受けた」との考えに執着していた。

 4日の記者会見でサンブルーノ警察署長のエド・バーベリーニは、アグダムの主な動機が「YouTubeのポリシーと、その実施」に関して抱いた不満であると発表した。警察はさらにアグダムの動機を明らかにするために、ソーシャルメディアのアカウントにアクセスを試みている。

 「われわれはアグダムがYouTubeに腹を立てていたと考えています」と、バーベリーニ署長は語った。また警察は、特定の人物を選んで発砲したとする根拠は見当たらないとも説明している。被害者3人全員がYouTubeの従業員であるかどうかは、現時点では確認できていない。またユーチューブは、コメントの要請に応えていない。

続きを読む

このニュースの写真

  • ユーチューブのポリシー変更が生んだユーチューバーの「怒り」は、いかに銃乱射へと向かったのか