産経ニュース

飛行機で病気に感染したくなければ「通路側の席」は避けるべし その理由を専門家が生物学的に解明

WIRED WIRED

記事詳細

更新


飛行機で病気に感染したくなければ「通路側の席」は避けるべし その理由を専門家が生物学的に解明

 ときには数百人が密室で数時間を過ごす飛行機の旅は、病気に感染するありがたくない条件がいくつもそろっている。しかも、どの「列」の座席に座るかによって、感染の危険度が変わるのだという。乗客がどのように行動するのかを実際の機内で調べる研究が初めて行われ、感染を避ける“鉄則”が明らかになった。

PHOTO: GETTY IMAGES PHOTO: GETTY IMAGES

飛行機のなかで病気になりたくないなら、通路側の席に座ってはいけない--。チャールズ・ジェルバはそう話す。

問題は「接触」である。ほかの乗客に限らず、手が触れるどんなものも危険をはらむ。明らかに危ないとわかる部分(ひじかけやトレイを置くテーブル、機内雑誌など)もあるが、見落としやすいのが通路側の席だ。乗客が機内を歩くとき、特にトイレの往復の際に、通路でよろけないように支えに使う。

トイレの話になると、ジェルバは止まらなくなる。トイレはしじゅう人が出入りする場所で、手入れが行き届いておらず、多くの場合は大腸菌がうようよしている。「ごく普通のフライトで、1つのトイレを50人が使います。場合によっては75人が同じトイレを使いますね」と彼は言う。

ジェルバはアリゾナ大学の微生物生態学者で、室内で病気がどのように広がるかを研究している。飛行機の機内。キッチン。カジノ。クルーズ船の船内。彼は媒介物(感染源となるものを運ぶことの多い物体やその表面のことだ)の専門家として世界的に知られている。

気持ち悪くなりそうなエピソードなら、底なしの汚水だめのようにいくらでももっている(お得意の話のひとつには、回転中のルーレットのうえに思い切り吐いた話もある)。そして、おそらく言うまでもないだろうが、伝染病の話をしてくれる人のなかでも、真っ先に話を聞きたい人間のひとりだ。

コンピューターでは予測できない感染者の移動

そういうわけで、『米国科学アカデミー紀要(PNAS)』に3月19日に掲載された記事で、機内でのウイルス伝播に関する興味深い調査研究のことを知ったとき、3番目に連絡をとったのがジェルバだった。1番目と2番目はこの研究論文の主著者の2人で、エモリー大学の生物統計学者ヴィッキー・ハーツバーグと、ジョージア工科大学の数理生物学者ハワード・ウェイスである。しかし2人とも、この研究を後援するボーイングの正式な認可がなければ取材に応じることができず、その時点で認可は下りていなかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 飛行機で病気に感染したくなければ「通路側の席」は避けるべし その理由を専門家が生物学的に解明