産経ニュース

ネットが育てる「レゴ文化」最前線 子どものおもちゃから大人のアートへ

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ネットが育てる「レゴ文化」最前線 子どものおもちゃから大人のアートへ

 子どもから大人にまで愛されるレゴブロックは誕生から60周年を迎え、おもちゃの枠組みを超えてアートの域にまで達している。その文化を支えているのが、レゴ愛好者の大人たちがオンライン上に築いてきたコミュニティだ。インターネットに広がる熱狂的なファンたちの活動と、その最前線を紹介する。

デンマークのビルンにある「レゴハウス」に展示されたティラノサウルスは、来館者を圧倒した。PHOTOGRAPH COURTESY OF LEGO GROUP デンマークのビルンにある「レゴハウス」に展示されたティラノサウルスは、来館者を圧倒した。PHOTOGRAPH COURTESY OF LEGO GROUP

ネイサン・サワヤは元弁護士だ。現在はレゴ・アーティスト、レゴのファン用語に言い換えるとAFOL--つまり「大人のレゴ・ファン(adult fan of LEGO)」である。

「10歳くらいのとき、犬を飼いたいと両親に頼んだら、駄目だと言われて。そこで部屋に広げていたレゴの街をバラバラにして、自分と同じ大きさの犬をつくったんです」とサワヤは振り返る。彼の作品展「Art of the Brick」は現在、世界を巡回中だ。「あれからレゴブロックは、ぼくにとって尽きることのない創造の源になりました」と彼は言う。

サワヤを含め、世界にはレゴのコレクターや“レゴ職人”であるマスタービルダー、愛好家、自称ブロック中毒者が集まったネットワークが出来上がっている。デンマークに本社を置くレゴでジュニア・モデル・デザイナーを務めるキアラ・ビスコンティンは、「ブロックを使って実際に触れて遊べるレゴの世界は、永遠に消えないと思います」と話す。

ビスコンティンはグラスゴー大学とグラスゴー美術大学でプロダクトデザインとデザイン工学を学んだあと、2016年に“夢の仕事”についた。「テーブルの上にブロックがあれば、自然といじってしまうでしょう。ブロックの数が増えれば、今度は自然に何かをつくり始める。それは子どもでも大人でも同じことなんです」と言う。

ブロックが生まれて60年

いまと同じデザインのレゴブロックができてから、18年1月で60年を迎えた。一見すると単純な子どものおもちゃのようだが、実は数限りない作品を生み出す創作源となっている。建築家ビャルケ・インゲルスの「レゴ・ハウス」のような現代建築も、子どものための義手も、レゴにインスパイアされて生まれたものだ。

ドイツのアーティスト、ヤン・フォルマンは、カラフルなブロックを使って荒廃した町並みを修復し、フィリピンのファストフード店「ブリック・バーガー」ではレゴブロックそっくりのバンズを使ったバーガーを提供している。さらにドーン・ラルフとジャッキー・ロチェスターの共著『レゴブロックを用いた言語形成(Building Language Using LEGO-BRICKS)』では、重度の言語障害を抱える子どもたちのためにレゴブロックを使ったセラピーを活用する方法が記されている。

続きを読む

このニュースの写真

  • ネットが育てる「レゴ文化」最前線 子どものおもちゃから大人のアートへ