産経ニュース

自律走行が本当に必要なのは、クルマではなく「車椅子」だ--ある四肢麻痺のアーティストからの提言

WIRED WIRED

記事詳細

更新


自律走行が本当に必要なのは、クルマではなく「車椅子」だ--ある四肢麻痺のアーティストからの提言

支援技術への投資は、全人類が生き延びるための投資と言っても過言ではない。障害をもつことと、アクセスのしやすい環境を両立できるかどうかは、どんな人にとっても避けて通れないテーマといえるだろう。

エリザベス・ジェームソン-ELIZABETH JAMESON

 健康政策アナリスト兼アーティスト。サンフランシスコのベイエリアを拠点に、ニューロテクノロジーや科学、芸術を活用することで慢性疾患を巡る“物語”を変えていく活動を行っている。

キャサリン・モナハン-CATHERINE MONAHON

 アートの研究者兼プロジェクトマネジャー。個人事業主や中小企業、非営利団体などと提携し、彼らの体験をさまざまなメディアを通じて伝えている。

RELATED

このニュースの写真

  • 自律走行が本当に必要なのは、クルマではなく「車椅子」だ--ある四肢麻痺のアーティストからの提言