産経ニュース

北朝鮮、平昌五輪の“ほほえみ外交”という虚飾の裏側--それでも止まぬサイバー攻撃と、韓国の思惑

WIRED WIRED

記事詳細

更新


北朝鮮、平昌五輪の“ほほえみ外交”という虚飾の裏側--それでも止まぬサイバー攻撃と、韓国の思惑

 平昌冬季オリンピックでは、韓国と北朝鮮がアイスホッケー女子の南北合同チームを結成するなど平和ムードが演出されているが、その裏側では北朝鮮によるサイバー攻撃が止むことはない。北朝鮮による“ほほえみ外交”の裏側で、いったい何が起きているのか。

PHOTO: AFP/AFLO PHOTO: AFP/AFLO

オリンピックのニュースだけで世界情勢を判断しようとしている人たちには、北朝鮮はほとんどカリスマ的な存在に見えるかもしれない。アイスホッケー女子の南北合同チームは、金正恩が韓国との関係改善を求めていることを象徴する国際的な出来事になった。独裁者の妹は笑顔を振りまいたし、『ステップフォードの妻たち』のように不気味なチアリーダーにすら感動した人もいるようだ。

しかし、アイスホッケー外交の虚飾の裏で、北朝鮮のハッカーたちは南の隣人を標的にした攻撃を止めていない。オリンピックに先立ち金正恩が態度を軟化させた矢先に、北朝鮮は韓国の金融機関や仮想通貨関連企業から何百万ドルもの金を盗むという恥知らずなサイバー犯罪に関与したのだ。

このほどサイバーセキュリティ大手のマカフィーは、北朝鮮のハッカー集団「Lazarus」が金融機関を標的にしたフィッシングメールの送信を再開したと明らかにした。同社は『WIRED』US版の取材に対し、この攻撃が1月24日まで(そしてかなりの高確率でそれ以降も)続いており、欧米だけでなく韓国の金融機関も標的に含まれていた証拠があるとしている。

つまり、金正恩が新年の辞で「南の国境での平和的解決」を呼びかけた数週間後にも、北は南への攻撃を続けていたわけだ。シンクタンクの米大西洋評議会でサイバー情勢を担当する上級研究員ケネス・ギアーズは、「サイバースペースは間違いなく国家間の安全保障の場です。そこでは片手でオリーブの枝を差し出しながら、もう片方の手には銃を握っているような意思表示もできます」と語る。

金銭目的のハッキングが増加

では北朝鮮は、なぜ韓国との関係改善に努める一方で、裏では窃盗行為を続けるのだろう。ギアーズは、財政状況の悪化を考えれば金政権に選択肢はあまりないと指摘する。「資金が必要なうえ刑罰も受けないで済むので、ハッキングをするのです」

ネットの世界における北朝鮮の脅威を巡っては、金銭的な要素が大きな比重を占めるようになっている。同国はバングラデシュからポーランドまで、さまざまな国の金融機関に攻撃を仕掛けており、被害総額は数千万ドルに上る。

もちろん韓国も頻繁に標的となっており、例えば昨年4月から10月にも一連のスピア型フィッシング攻撃が行われていたことをマカフィーは突き止めている。英語と韓国語との両方で書かれ不正なファイルを添付した偽の求人メールが送られており、標的には銀行や暗号通貨の取引所に加え、おそらくは諜報目的だが軍の関係者も含まれていた。韓国の政府関係者は今月初め、昨年に行われた北朝鮮のハッカーによる攻撃で、数百万ドル相当の暗号通貨の被害が出たと話している

続きを読む

このニュースの写真

  • 北朝鮮、平昌五輪の“ほほえみ外交”という虚飾の裏側--それでも止まぬサイバー攻撃と、韓国の思惑