産経ニュース

わたしたちは常に監視されている? 米国で犯罪捜査に使われる「秘密プログラム」の危険性

WIRED WIRED

記事詳細

更新


わたしたちは常に監視されている? 米国で犯罪捜査に使われる「秘密プログラム」の危険性

 米国では警察が「スティングレイ」と呼ばれる監視用の秘密ツールを使っており、政府による通話記録監視プログラム「ヘミスフィア」の存在も明らかになっている。犯罪者を確実に捕まえるために使われるこれらのツールは本当に「安全」で一般市民のためになるのだろうか? 当局による監視プログラムの危険性と課題について考察する。

PHOTO: AARON M. SPRECHER/BLOOMBERG/GETTY IMAGES PHOTO: AARON M. SPRECHER/BLOOMBERG/GETTY IMAGES

フロリダ州タラハシーにある「タコベル」で2013年、当時18歳のタドレ・マッケンジーは麻薬密売人から130ドル相当のマリファナを奪った。マッケンジーと2人の友人はエアガンを使ってその犯罪を実行したのだが、これはフロリダ州の法律では「凶器を用いた強盗」に当たる。マッケンジーは4年以上の服役を覚悟していた。

ところが、州裁判官はマッケンジーに対して、驚くほど寛大な司法取引を提示した。マッケンジーは、わずか6カ月間の保護観察処分を言い渡されただけだったのだ。

この驚くべき取引は、マッケンジーの弁護団が裁判前に発見した証拠と関係していた。警察が事件の捜査に、「スティングレイ」としばしば呼ばれる監視用の秘密ツールを使っていたことが明らかになったのだ。

明らかになった「スティングレイ」の存在

スティングレイは基地局を装って携帯電話をだまし、近くにある基地局に接続していると信じ込ませるための装置だ。これを使えば警察は、容疑者の正確な居場所や電話の発信・着信を特定することはもちろん、通話を盗聴したりテキストメッセージの内容を見たりすることもできる。

マッケンジーの弁護団がスティングレイの使用を疑ったのは、警察が彼の家の所在地を正確に把握し、彼が逮捕日の午前6時に家を出たことも知っていたからだった。警察は、マッケンジーの携帯電話の所在地に関するデータを通信会社のヴェライゾンに引き渡させる裁判所命令を取得していた。しかし基地局のデータは、特定の家屋を指し示せるほど正確ではない。

さらに警察は、個人を電話番号と結びつけることによって、当人の居場所を突き止められるデータベースを使用したとも説明していた。しかし、マッケンジーはモバイルアプリ「バーナー」で作成した使い捨ての番号を使用しており、その番号に本人の名前との関連性はなかった。警察は彼の居場所を驚くほどの正確さで把握していたことに関して、納得できる理由を説明できなかったのである。

続きを読む

このニュースの写真

  • わたしたちは常に監視されている? 米国で犯罪捜査に使われる「秘密プログラム」の危険性