産経ニュース

フィギュアスケートの「5回転ジャンプ」は本当に可能なのか その難易度を専門家が力学的に考察

WIRED WIRED

記事詳細

更新


フィギュアスケートの「5回転ジャンプ」は本当に可能なのか その難易度を専門家が力学的に考察

 平昌冬季オリンピックのフィギュアスケート競技が注目されるなか、今後期待されているのが「5回転ジャンプ」の実現だ。かつては不可能と思われた4回転が現実のものになったいま、それは果たして可能なのか。専門家たちが力学的な視点から考察した。

IMAGE COURTESY OF WIRED US IMAGE COURTESY OF WIRED US

アメリカのフィギュアスケート選手、ネイサン・チェンが冬季オリンピックで歴史をつくろうとしている。世界で初めて5種類の4回転ジャンプ(サルコウ、ループ、トウループ、フリップ、ルッツ)を成功させたチェンは、平昌では1つのプログラム内で5種類をすべて飛ぶという力技に挑むのだ。2017年には弱冠17歳にして1回の演技で4回転ジャンプを5回飛んでおり、今回の挑戦が成功すれば、また世界初の偉業を成し遂げることになる。

2002年に行われたソルトレークシティ大会のフィギュアスケート銅メダリストであるティモシー・ゲーブルは、「現段階での極限に達しています」と語る。ゲーブルは1998年、国際スケート連盟(ISU)公式戦で世界初の4回転ジャンプを成功させた。かつての「クアッドキング(4回転の王)」は、4回転ジャンプがほぼ不可能な技から、世界最高峰で戦う男性スケーターにとっては当たり前のものへと変わっていく過程を目にしてきた。そしてこの動きは、チェンの出現によりクライマックスに達したのだ。ゲーブルは「これからしばらくは彼が基準になるでしょう」と言う。

「これからしばらく」というのは、いつかこれよりすごい空中技が出てくるということだ。ゲーブルは数年前までは、5回転ジャンプなど想像もできなかったと話す。しかしいまでは、5回転の実現は単に時間の問題なのではないかと思えるという。

鍵を握るのは「回転速度」

それでもいつ成功するかを具体的に予想するのは難しいし、その方法を示すのはさらに困難だ。デラウェア大学でキネシオロジーを研究するジェームス・リチャーズは、「5回転ジャンプが可能だとは思えません」と話す。リチャーズはフィギュアスケートジャンプの力学の専門家でもあり、ハイスピードカメラとモーションキャプチャ装置を使って世界最高のフィギュアスケーターたちのジャンプを解剖学的に分析し、滞空時間や回転速度といった生理学上の限界を探ってきた。

続きを読む

このニュースの写真

  • フィギュアスケートの「5回転ジャンプ」は本当に可能なのか その難易度を専門家が力学的に考察