産経ニュース

新手の「仮想通貨詐欺」がTwitterで急拡大 その「古典的な手口」とは

WIRED WIRED

記事詳細

更新


新手の「仮想通貨詐欺」がTwitterで急拡大 その「古典的な手口」とは

仮想通貨のコミュニティーで有名人になりすましているアカウントを見つける方法のひとつが、ウェブ開発者のハリー・デンリーがつくったGoogle Chromeのブラウザ拡張機能「EtherSecurityLookup」を使うことだ。デンリーは「EtherAddressLookup」というフィッシング対策ソフトの開発を進めている。与えられたTwitterのアカウントを正規の仮想通貨コミュニティーのホワイトリストに照らし、問題がありそうなら教えてくれるものだ。

ソーシャルメディアでのなりすましは現在進行形の問題だが、詐欺師たちはいかなるサーヴィスにおいても規則を無視した行為を行なっている。Twitterのようなプラットフォームでもぐら叩き的に不正なアカウントを取り締まることはできるが、この種の非常に簡単な詐欺がなくなることはないだろう。ひと仕事するのに大した手間はかからないからだ。

PhishLabsのハッソルドは「昔からの詐欺と同じです」と言う。「こういった問題が無くならないのは、いつの時代にも引っかかる人間がいるからなのです

このニュースの写真

  • 新手の「仮想通貨詐欺」がTwitterで急拡大 その「古典的な手口」とは