産経ニュース

HomePodは、思ったほど「スマート」なスピーカーではなかった 『WIRED』UK版レヴュー

WIRED WIRED

記事詳細

更新


HomePodは、思ったほど「スマート」なスピーカーではなかった 『WIRED』UK版レヴュー

 アップルのスマートスピーカー「HomePod」が、アメリカやイギリスで発売された。じっくり試してみたところ、アップルらしい品質で価格なりの音を楽しめることに納得できた一方で、音の迫力やSiriの「スマートさ」には不満が残る結果になった。『WIRED』UK版によるレビュー。

PHOTOGRAPH COURTESY OF APPLE/WIRED UK PHOTOGRAPH COURTESY OF APPLE/WIRED UK

アップルのスマートスピーカー「HomePod」が、アメリカやイギリスなどで発売された。音声アシスタント「Siri」に対応し、急拡大するスマートスピーカー市場で主役のグーグルとアマゾンに挑むための製品だ。

アップルはライヴァルたちにわざと先を行かせ、スペックと使い勝手とデザインで敵を打ち負かすという、いつもの“待機戦術”に出た。しかし、この作戦の弱みは「Sonos One」などの競合製品が出てきてしまうことだ。

すでにさまざまな製品で溢れた市場に割り込むには、かなりの性能が必要となる。果たしてどうなのか、実力を見ていくことにしよう。

細部にこだわったデザイン

HomePodを箱から取り出すと、349ドルという金額の一部がどこに費やされたのか分かる。アップル製品の特徴である細部へのこだわりで、今回は素晴らしい電源コードだ。いや、冗談ではなく本当にいい感じなのだ。表面は布に覆われていて手触りがよく、丸まって絡まない。Sonosのケーブルのように、何週間もスーツケースの中で押しつぶされていたかのようにぐしゃぐしゃになってしまう代物とは対照的だ。

円筒形のユニットの高さは17.2cmで、重さは2.5kg。表面を覆うメッシュ素材はHomePod用に開発されたもので、感触の美を醸し出している(アップルよると、この素材の音質への影響は実質的にはゼロだ)。物理的な操作は、上部の丸いタッチスクリーンで行うようになっている。

Siriが立ち上がっているときには、タッチスクリーンが虹色に変わる。音楽の再生中には「+」と「-」が表示され、本体のタッチ操作で音量調節が可能だ。スクリーンの真ん中を押すと一時停止、ダブルタップで次の曲に進む、トリプルタップで前の曲に戻るといった具合に操作できる。

続きを読む

このニュースの写真

  • HomePodは、思ったほど「スマート」なスピーカーではなかった 『WIRED』UK版レヴュー