産経ニュース

人工知能が、脳を刺激して「記憶力を向上」させる方法を見つけ出した:米研究結果

WIRED WIRED

記事詳細

更新


人工知能が、脳を刺激して「記憶力を向上」させる方法を見つけ出した:米研究結果

 機械学習アルゴリズムを使ってヒトの脳の記憶の仕組みを理解する方法を、ペンシルヴェニア大学の研究者らが発表した。しかも、完璧なタイミングで脳に刺激を与えることで記憶力をリアルタイムで向上させることにも成功したという。いったいどのような研究なのか。

人間の脳よりもブラックなブラックボックスはない。われわれの灰白質はあまりに複雑なため、脳は自分で自分のことを理解できないのだと科学者たちは嘆いている。

でも人間が自分の脳を完全に理解できないのだとしたら、機械が代わりに理解してくれるかもしれない。2018年2月6日公開の「Nature Communications」で、ペンシルヴェニア大学の心理学者マイケル・カハナが率いる研究チームは、機械学習アルゴリズムを使って人間の記憶の仕組みを解読し、さらに記憶力を強化することができると証明した。

どうやって強化するのか? 脳に完璧なタイミングで電気信号を送らせるのだ。これはつまり、研究者たちはAIというブラックボックスを使って、脳というもうひとつのブラックボックスの潜在能力を引き出せることを意味する。

難解な問題に対するエレガントな解決策に思えるかもしれない。一方で、テクノアポカリプスの恐怖の幕開けにも聞こえてくる。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人工知能が、脳を刺激して「記憶力を向上」させる方法を見つけ出した:米研究結果