産経ニュース

史上最悪のサイバー攻撃にさらされる平昌五輪 ロシアの報復と北朝鮮の思惑

WIRED WIRED

記事詳細

更新


史上最悪のサイバー攻撃にさらされる平昌五輪 ロシアの報復と北朝鮮の思惑

 2月9日夜に開会式が行われる平昌冬季オリンピック。しかし、サイバー空間を舞台にした国家間の戦いはすでに幕を開けている。その規模は五輪史上で最悪とみられ、閉会まで予断を許さない。華やかな舞台の裏で暗躍するハッカーたちの動向と思惑を追った。

PHOTO BY CHUNG SUNG-JUN/ GETTY IMAGES PHOTO BY CHUNG SUNG-JUN/ GETTY IMAGES

近代オリンピックは地政学の縮図としての面を併せもっている。スポーツの対戦という枠を超えて、外交やプロパガンダの手段、ときには代理戦争の場になった歴史さえある。今年の五輪も標的にされるのは自明の理だ。

2月9日に開会式が行われる平昌冬季オリンピックでは、すでに五輪史上で最悪となるハッカー攻撃を受けた可能性があり、さらなる脅威も懸念されている。これまでのどのオリンピックよりもひどい状況だ。準備期間中から、国家組織の絡むとされるハッカー集団の活動が確認されていた。

ひとつはロシアの関与した攻撃で、組織委員会から内部文書が盗まれ、リークされた。また、韓国のオリンピック関連組織を狙った別のキャンペーンも明らかになっている。こちらは北朝鮮による疑いが強い。

これら2件のサイバー攻撃を追跡するセキュリティー専門家たちによると、いずれも全貌はまったくつかめていない。大会期間中に起動するよう設定された時限爆弾型マルウェアなどによって、さらなる混乱が引き起こされる事態も否定できないという。

より広い視点から見れば、五輪に付きものの地政学的な緊張は、いまやサイバー空間にも広がっているのだ。米ジョンズ・ホプキンズ大学高等国際研究大学院の教授トーマス・リッドは、「オリンピックは政治色が最も強いスポーツイヴェントです。ハッキングの標的になるのも、まったく驚くことではありません」と言う。

平昌を狙う「GoldDragon作戦」

2件のハッキングのうち、韓国のオリンピック関連組織を狙ったものは発見が難しく、より悪質と考えられている。セキュリティーソフト大手マカフィーの調査チームは1月6日、コンピューターからシステムレヴェルのデータを盗むマルウェア3種類「GoldDragon」「BravePrince」「GHOST419」を発見したと発表した。この攻撃は「GoldDragon作戦」と呼ばれ、マルウェアは見つかった時点で1カ月以上、コンピューターに潜んでいたという。

続きを読む

このニュースの写真

  • 史上最悪のサイバー攻撃にさらされる平昌五輪 ロシアの報復と北朝鮮の思惑