産経ニュース

電気自動車は本当に「クリーン」なのか--EV普及の前に考えるべき「4つの問い」

WIRED WIRED

記事詳細

更新


電気自動車は本当に「クリーン」なのか--EV普及の前に考えるべき「4つの問い」

1. EVはどのくらい増えるのだろう?

ガソリン車禁止を目指している国は、EVにとっては大きな潜在市場だ。もし自家用車の需要が変わらないと仮定すれば、現在のクルマ販売の数値を基にEVがどのくらい必要になるか推測するできる。

2. バッテリーはどのくらい必要になるのだろう?

トヨタ自動車とホンダは燃料電池車の実現に向けて、いまだに奮闘中だ(いまのところ客はあまり興味をもっていないようだが)。というわけで、いま発表されているEVは、すでに実現されているもののなかでいちばんいいテクノロジー、すなわちリチウムイオン電池に頼っている。バックアップはガソリンエンジンだ。

テスラはネヴァダ州に世界最大のバッテリー工場「ギガファクトリー」を建設している[日本語版記事]。ここでは年間35GWh相当のバッテリーが生産される予定である。

しかし、これでは足りない。クルマはもうじき、バッテリー消費量ナンバーワンの地位を家電から奪うことになるだろう。さらにクルマには、スマートフォンに組み込まれているもの以上にいろいろなものが必要になるのだ。

3. クルマを充電する電力はどうやって発電されるのだろう?

どのバッテリーも、充電が必要だ。もし充電のための電力が石炭や石油、(多かれ少なかれ)天然ガスといった“汚れた”資源から来るのなら、EVはほとんど気候変動対策にはならないだろう。ここで奇妙な問題が発生する。バッテリーはそれぞれの場所の電力を使って充電されるため、EVのメリットの大きさはクルマがどこで充電されるかによって変わるのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 電気自動車は本当に「クリーン」なのか--EV普及の前に考えるべき「4つの問い」