産経ニュース

「404」は部屋番号だった? 「Not Found」エラーにまつわる噂の真偽を、「生みの親」に聞いてみた

WIRED WIRED

記事詳細

更新


「404」は部屋番号だった? 「Not Found」エラーにまつわる噂の真偽を、「生みの親」に聞いてみた

404エラーはいまや、企業や団体が“行く手を遮られたユーザー”に対して同じ目線で親しげに話しかけたり共感したりする場所、つまりブランディングのチャンスになっている。あるいはそれは単に「第四の壁」(劇場で舞台と観客との間にあるとされる想像上の透明な壁で、フィクションと現実とを隔てる境界のこと)を打ち破る方法なのかもしれない。

Tumblrの404エラーページは、なかなか憎らしい。「探しているものはこのアドレスにはありません。エラーページをお探しの場合は、ここがそのエラーページになります」とある。ピクサーはアニメ映画『インサイド・ヘッド』のキャラクターであるカナシミの画像に「まあまあ、泣かないの。ただの404エラーじゃないの!」という文を添えている。

ブルームバーグは3部構成のアニメーションだ[編註:現在は変更されている]。男がコンピューターを平手打ちで机から落とし、それから自分自身がバラバラになる。後半はやや異様だし、劇的すぎるように思われる。それでも、ほかのところに行きたいのに行けなかったときのわれわれの気持ちを、よく表しているのかもしれない。

このニュースの写真

  • 「404」は部屋番号だった? 「Not Found」エラーにまつわる噂の真偽を、「生みの親」に聞いてみた