産経ニュース

「404」は部屋番号だった? 「Not Found」エラーにまつわる噂の真偽を、「生みの親」に聞いてみた

WIRED WIRED

記事詳細

更新


「404」は部屋番号だった? 「Not Found」エラーにまつわる噂の真偽を、「生みの親」に聞いてみた

 インターネットでしばしば表示されるエラーメッセージ「404:ページが見つかりません」。その非情さとは裏腹に「404エラー」はユーザーを魅了し、数々のネタが生み出されてきた。そんな404エラーには数々の伝説がある。その真偽を、世界初のワールドワイドウェブを立ち上げた張本人に聞いた。

IMAGE: GETTY IMAGES IMAGE: GETTY IMAGES

インターネット上からページが削除されるなどして表示できないことを示す「404エラー」。「Not Found」の文字が添えられた、このいまいましいステータスコードは、しばしば「インターネット最後のページ」と呼ばれる。あながち間違いではない。

お決まりの警告文だが、妙に人気がある。ネット上でネタやオチ、ダジャレとしても使われる。マンガに登場したり、Tシャツにプリントされたりもする。誰もが目にし、共感できる存在だ。かつてはオタクにしか分からない冗談だったが、いまではデジタルライフを反映した現実となっている。

404エラーには、国境を越えて人々を魅了する力があるらしい。その魅力はほとんど万国共通であり、感情に訴えるものがある。目にした人々は純粋な失望を味わい、想定外の問題を突き付けられる。またテクノロジー、とりわけウェブが人間によってつくられたもので、それゆえに当てにならないと否応なしに思い出させられる。

インターネットは油さえ差せば動くマシンではない。むしろ「快楽の園」(フランドル派の画家ヒエロニムス・ボスが1490~1510年にかけて描いたといわれる祭壇画で、誘惑への警告や失楽園を表現しているとされる)の現代版といったほうがいい。そこにはハイパーテキストが一方的に表示され、つながらないリンクや壊れた画像ファイル、不完全な情報が散乱している。

エラーコードの数字は「プログラマーの気分」で決まった

404エラーの登場からほどなく、その伝説化は始まった。2000年代の初めには、さまざまな噂が登場したのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「404」は部屋番号だった? 「Not Found」エラーにまつわる噂の真偽を、「生みの親」に聞いてみた