産経ニュース

歩行者へのメッセージも投影できる「スマートヘッドライト」は、自律走行時代の「標準」になれるか

WIRED WIRED

記事詳細

更新


歩行者へのメッセージも投影できる「スマートヘッドライト」は、自律走行時代の「標準」になれるか

 ひとつの光源に100万個もの超小型ミラーを配置して、照らす方向を自在にコントロールできる新型ヘッドライトを、テキサス・インスツルメンツが発表した。歩行者に向けたメッセージを投影したり、対向車がいてもハイビームを保ったりできるなど自律走行車には必須ともいえる技術だが、実用化に向けた思わぬ「厚い壁」も存在しているのだという。

写真は従来型のヘッドライト。テキサス・インスツルメンツの新技術ではひとつの光源に100万個もの超小型ミラーを配置して動作させ、照らす方向を自在に変えられる。PHOTO: PRASIT PHOTO/GETTY IMAGES 写真は従来型のヘッドライト。テキサス・インスツルメンツの新技術ではひとつの光源に100万個もの超小型ミラーを配置して動作させ、照らす方向を自在に変えられる。PHOTO: PRASIT PHOTO/GETTY IMAGES

 デジタル技術において、可動部をなくすことは重要な位置を占めている。複雑な機構が多いエンジンはコンピューター制御のシンプルなモーターにとって代わられる。ミラーレスカメラは従来のデジタル一眼レフとは違い、写真を撮るために内部の鏡を動かす必要がない。急成長するLiDAR(レーザーセンサー)分野では、回転機構をもたないソリッドステート型が人気だ。CDという代物は回る円盤を使って音楽を聞くらしいが、将来的には消えていくのだろう。

 こうした流れにあって、ラスヴェガスで開かれた世界最大級の家電見本市「CES 2018」で公開された光り輝く自動車関連製品のひとつが、可動機構のみならず100万個ものパーツを使った技術で構成されていたのは驚きだった。テキサス・インスツルメンツ(TI=関数電卓で有名だが、それ以外にも製品をつくっている)が発表したヘッドライトシステムは、同社の商標登録でもあるデジタルライトプロセッシング(DLP)を使って100万以上のピクセルを個別操作することで、緻密な制御が可能になっている。

映画館でも使われている技術を応用

 DLPは、これまでは主に映画館やプロジェクターで使われてきた技術で、1秒間に1万回も点滅させることが可能な極小の動く「マイクロミラー」でできている。マイクロミラーを反射状態にすると白い光がレンズを通してスクリーンに投影され、光を出したくないときはミラーを黒くして吸収させる。つまり、ピクセルのオンとオフを切り替えるようなものだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 歩行者へのメッセージも投影できる「スマートヘッドライト」は、自律走行時代の「標準」になれるか