産経ニュース

VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

WIRED WIRED

記事詳細

更新


VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」

 自動運転技術の開発を行っているスタートアップのAurora Innovationが、フォルクスワーゲンとヒュンダイとの契約締結を発表した。創業から1年足らずの同社だが、自動車メーカーにとっては共同創業者3人の輝かしい経歴が大きな魅力となったようだ。この提携によって3社が得るものとは?

フォルクスワーゲンの自動運転コンセプトカー「Sedric」(“Se”lf-“dri”ving “c”arだからセドリック)も、Aurora Innovationとの提携で大きな恩恵を受けるだろう。PHOTOGRAPH COURTESY OF VOLKSWAGEN フォルクスワーゲンの自動運転コンセプトカー「Sedric」(“Se”lf-“dri”ving “c”arだからセドリック)も、Aurora Innovationとの提携で大きな恩恵を受けるだろう。PHOTOGRAPH COURTESY OF VOLKSWAGEN

 グーグルによって自律走行車の時代の幕が開けられてから10年足らず。この分野のメインプレイヤーの多くは、成功を確実なものにするべく長期的な努力を続けてきた。

 ただし、ロボットが道路を自由に走り回る未来を目指す企業たちは、少数の例外を除き、自社の力だけでそれを実現させることはできない。自律走行車を走らせるために必要な、「製造」「ソフトウェア開発」「顧客対応」の専門知識を特定のコンビネーションですべて備えている企業はないからだ。

 このためか、ソフトウェア界の若手実力派とメーカーの“結婚”ブームが起きている。2016年、GMはスタートアップ企業のCruise Automationを買収。17年には、フォードがArgo AIに10億ドルの出資を発表し、さらに自動車部品メーカーのデルファイはマサチューセッツ工科大学(MIT)からスピンオフしたNuTonomyを買収した。

続きを読む

このニュースの写真

  • VWとヒュンダイが、創業1年の自動運転スタートアップと組んだ理由 狙いは幹部3人の「輝かしい実績」