産経ニュース

地球温暖化の影響で、アオウミガメは「ほぼすべてメス」になる

WIRED WIRED

記事詳細

更新


地球温暖化の影響で、アオウミガメは「ほぼすべてメス」になる

一部地域では最大99.8パーセントがメスに

 今回の研究では、アオウミガメは性成熟するまで個体の外見による性別判定は困難なことから、研究者らは腹腔鏡を使用して体内の生殖腺を調査。また、アオウミガメには哺乳類のような性染色体がないため、捕獲した個体の血液から性分析のためのホルモン検査も行った。

 調査で捕獲・リリースされた411頭のデータ解析によると、主な産卵場所はグレート・バリア・リーフの両端、東北部にあるレイン島と、東南部にあるブリズベン沖の2カ所であることが明らかになった。なかでもレイン島においては、およそ20万頭のメスが産卵しにやってくるといい、世界最大規模の個体群のひとつなのだという。

 調査結果によると、比較的温度の低い南部では約65~69パーセントがメスであり、オス1頭に対しメス2頭と、性比はそこまで大きくなかった。ところが、より赤道に近く温度の高い北部では、9割を超える個体がメスになっていた。なかでも近年の温暖化の影響を大きく受けたとみられる若い個体では、99.1~99.8パーセントがメスだった。性比もオス1頭に対しメス116頭で、顕著な差がみられた。

 「ほとんどのウミガメの個体群は、1年のうち最も温度の高い時期に巣をつくる傾向にあります。これは母集団の繁殖能力を最大にする、適応的形質であることを示しています」と、研究グループは指摘する。「温度依存性決定をもつ種は何百万年ものあいだ、遺伝形質の適応的変化を通じて、環境変化の選択的圧力に対処してきました」

 アオウミガメの場合このような適応的変化には、雌雄が半々になる孵化温度、および産卵場所や産卵時期の変更などの調整が必要になってくる。しかしアオウミガメのような長寿の種においては、これらの適応的変化が何世紀にもおよぶ可能性が高く、グレート・バリア・リーフ東北部のような個体群には、急速に変化する気候に適応する余地がほとんどないとみられている。

 2100年までには、世界の平均気温は2.6℃上昇することが予測されている。アオウミガメの個体数を維持するのに必要なオスの割合はまだ不明だが、オスの個体数温存のための対策が求められている。専門家らは、砂浜にテントを張って日陰をつくったり、巣に水をかけたりするなどして孵化温度を下げる必要性を強調している。

RELATED

このニュースの写真

  • 地球温暖化の影響で、アオウミガメは「ほぼすべてメス」になる