産経ニュース

止まらない「クリプトジャッキング」 暗号通貨の採掘がもたらす「狂騒曲」の行く末

WIRED WIRED

記事詳細

更新


止まらない「クリプトジャッキング」 暗号通貨の採掘がもたらす「狂騒曲」の行く末

 ウェブサイト訪問者の端末を利用し、無許可で暗号通貨の採掘(マイニング)を行う「クリプトジャッキング」。この問題はユーザーのデヴァイスの処理能力をかすめ取るだけでなく、ブラウジング体験そのものにも影響を及ぼす可能性がある。

IMAGE: GETTY IMAGES IMAGE: GETTY IMAGES

 ウェブサイト訪問者の端末を利用し、無許可で暗号通貨の採掘(マイニング)を行う「クリプトジャッキング」と呼ばれる手法 が問題になっている。

この問題だが、マイニングを行うサイトの運営側にも一応それなりの言い分がある。サーヴィスを提供する資金を得るために、誰も使っていない“資源”を利用して広告収入への依存を減らす。つまり、広告を少なくする代わりにユーザーのパソコンを「ちょっとお借りしているだけ」だというのだ。

 クリプトジャッキングは、ウェブサイトにJavaScriptのコンポーネントを埋め込むことで、閲覧に使われているデヴァイスの処理能力を暗号通貨(たいていは「Monero」だ)の採掘に利用する。個々のデヴァイスの貢献はほんのわずかなものだが、塵も積もればで、訪問者すべての力をかき集めてある程度の時間にわたって採掘を続ければ、実際に儲かるというわけだ。

 こうした仕組みについて、ユーザーは何が起きているのかまったく気づかないかもしれない。理論上はWin-Winということになるが、もちろん実際にはそんなことはない。

 クリプトジャッキングは、「Coinhive」が提供する専用ツールやその亜種のおかげでネットの世界に広まった。だが、広告うんぬんというもったいぶった理屈を実践しているサイトはほとんどない。

 その代わりに、この技術はユーザーのハードウェアと電力を無断でかすめ取るのに使われ、多くのマルウェア対策ソフトや広告ブロッカーは、これをブロックするようになっている。これまでのところ、クリプトジャッキングをまっとうなものにしようとする努力は、大半が機能していない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 止まらない「クリプトジャッキング」 暗号通貨の採掘がもたらす「狂騒曲」の行く末