産経ニュース

実現しつつある超高速輸送システム「ハイパーループ」 米国の砂漠のど真ん中、建設現場に初めて潜入

WIRED WIRED

記事詳細

更新


実現しつつある超高速輸送システム「ハイパーループ」 米国の砂漠のど真ん中、建設現場に初めて潜入

また、マスクがロサンゼルスにつくったミニチュアのチューブを使って、世界の学生チームがスペースXが主催するコンペで競っている。マスク本人もこのゲームに再び興味をもっているらしく、昨年はアメリカ各地で建設中のトンネルでハイパーループを試す計画に言及している。

もちろん、エンジニアリング面での課題を解決するだけでは、ハイパーループは実現しない。建設地をめぐる争いや環境への影響の調査、政治的な調整も必要だろう。さらに、一般的にインフラ建設を非常に困難なものにしている資金の問題もある。

しかし、すべてをクリアすることができれば、ネヴァダ州の砂漠のこの一画には、カメの観察以外の目的を持った訪問者が増えるはずだ。

RELATED

このニュースの写真

  • 実現しつつある超高速輸送システム「ハイパーループ」 米国の砂漠のど真ん中、建設現場に初めて潜入
  • 実現しつつある超高速輸送システム「ハイパーループ」 米国の砂漠のど真ん中、建設現場に初めて潜入