産経ニュース

巨大な荷物かご付き自転車で3週間を過ごしたら、交通の「スマートな未来」が見えてきた

WIRED WIRED

記事詳細

更新


巨大な荷物かご付き自転車で3週間を過ごしたら、交通の「スマートな未来」が見えてきた

 大人ひとりで3人までの子どもを乗せることができ、家族の用事の大半を一度に済ませることができる。しかもSupermarcheは、排気ガスをまき散らすハッチバックのクルマよりもはるかに楽しい。

 さらに重要なのは、Supermarcheのようなカーゴバイクが、自転車を社会的に活用する方向性を示してくれるということだ。このような自転車は、街の中心部での配送用トラックや小型車の代わりとなり、渋滞を緩和し、道路の安全向上に役立つ。

さらに維持管理が簡単で、環境に与える影響も少ない。自動車と比べて、都市に与える悪影響が非常に少ないのだ。このことがよく知られているオランダでは、自転車優先計画の方針を「持続可能な安全」[PDFファイル]と定義している。

 カーゴバイクは、米国の各都市における将来の輸送手段の代表となる可能性はあるが、その実現のためには、自転車を道路脇に押しやろうとする無数の力に抵抗する必要がある。大都市では、より多くの自転車が安全に走れるよう、必要なインフラを構築しなければならない。

 サンフランシスコはそうなりつつある。ニューヨークも同様だ。しかし、こうした動きをさらに進めるには、都市計画者や商工会議所、そして何よりもクルマを運転する人々が、「自転車を優先する未来こそがよりスマートな未来なのだ」という確信をもたなければならない。

 それは苦しい戦いになるだろう。しかしSupermarcheに乗って数週間を過ごしたいまは自信をもって、その戦いは間違いなく価値のあるものだと言うことができる。

このニュースの写真

  • 巨大な荷物かご付き自転車で3週間を過ごしたら、交通の「スマートな未来」が見えてきた