産経ニュース

もう土地がない。香港が「地下都市の開発」に動き出した その野心的なプロジェクトの全貌

WIRED WIRED

記事詳細

更新


もう土地がない。香港が「地下都市の開発」に動き出した その野心的なプロジェクトの全貌

 世界的に見ても人口密度が高く、住宅の超過密地帯として知られている香港。小さな島で横にも上にも居住スペースを広げてきたが、その努力も限界に達しつつある。そこで、ついに都市を地下に移し、生活スペースを広げようとする計画が進み始めた。

香港はその空間を使い果たしつつある。中華人民共和国の特別行政区である427平方マイル(約1,106平方キロメートル)には、700万人以上が居住している。カントリーパーク(国でいう国立公園)は陸地の41パーセントを占め、いずれも険しい丘に点在しているため、ビルを建てるのは難しい。高層建築の多くはすでに高さ規制の上限まで達している。

一方、住宅価格は2017年春、史上最高値を更新した。1平方フィート(約0.093平方メートル、約0.028坪)当たり1,500米ドル(約17万円)近くに上り、平均住宅価格は180万米ドル(約2億410万円)にまで上昇している。

政府は郊外での区画整理と増築を検討すると同時に長期的な戦略も模索し、より多くの不動産をつくり出そうとしている。何をすべきか。香港特別行政区土木開発局の地盤エンジニアによると、答えは「下」にあるという。つまり地下、新たに建設する洞窟にあるというのだ。

生活インフラは「地下」、居住空間は「地上」

同局の主任地盤エンジニアであるトニー・ホウは「香港都市部の平坦な土地にはすべて、すでにビルが建てられています」と語る。香港政府は1980年代初めから、丘陵地帯に洞窟を建設し、開発するというアイデアを模索してきた。

17年には実現に向けた包括的な調査を完了し、洞窟を掘削する予定の48カ所を決めた。長期的に開発を進める0.1~0.8平方マイル(約0.3~2平方キロメートル)の範囲になる予定だ。プロジェクトを推進するための研究が6つ以上、すでに進行している。

このプロジェクトは17年11月、国際トンネル協会の「革新的な地下空間コンセプト賞」を受賞した。授賞式は毎年、あの華やかな都市・パリで開催されている。香港の勝利は「地下墓地にするためにトンネルを使う」というイスラエルの計画と、トルコの大量輸送プロジェクトを打ち破ってのものだった。

続きを読む

このニュースの写真

  • もう土地がない。香港が「地下都市の開発」に動き出した その野心的なプロジェクトの全貌