産経ニュース

アマゾンやUberと組んだトヨタは、新しい自律走行車で「モビリティ企業」に転身できるか

WIRED WIRED

記事詳細

更新


アマゾンやUberと組んだトヨタは、新しい自律走行車で「モビリティ企業」に転身できるか

 トヨタ自動車がアマゾンやUber、ピザハットなどと提携し、宅配や小売り、カーシェアなどに使える多目的の自律走行車を発表した。従来型の自動車メーカーから脱却し、「モビリティ企業」へと転身を図る試みは、果たして成功するのか。

トヨタ自動車が発表した「e-Palette」。目的に応じてさまざまなサーヴィスを提供できる。IMAGE COURTESY OF TOYOTA トヨタ自動車が発表した「e-Palette」。目的に応じてさまざまなサーヴィスを提供できる。IMAGE COURTESY OF TOYOTA

トヨタ自動車が発表した「e-Palette」。目的に応じてさまざまなサーヴィスを提供できる。IMAGE COURTESY OF TOYOTA

トヨタ自動車の社長である豊田章男は、「CES 2018」のプレスカンファレンスで壇上から聴衆にこう尋ねた。モビリティの未来が、いかに「バーニングマン」の様子を変えるのか想像してみてほしい、と。そして豊田は自らのヴィジョンを語り始めた--。

それは「e-Palette」である。この電動の自律走行車は、その名の通り木製のパレットのようにデザイン次第で自由に使える多目的なクルマだ。目的に応じて荷物の配送車、既存の大量輸送システムの柔軟な代替、ピザの宅配車などに早変わりする。

そしてバーニングマンの参加者にとって役立つ存在にもなるのだ。砂漠の真ん中に街を一時的につくりあげる人々にとって、必要なものが手に入る移動販売車の存在はありがたいだろう。

「これにより、診療所からエンターテインメント、そしてフェスティヴァルに至るまで、さまざまなサーヴィスのための『モバイルハブ』を素早くつくることができます」と、豊田はステージでボックス型のコンセプトカーを披露しながら語った。

e-Paletteは特定のクルマを指す名称ではなく、さまざまなクルマの集合である。少なくとも3つのサイズが用意され、用途によって内装は変わる。そのコンセプトとは、運ぶものが何であれ、乗せたい人が誰であれ、e-Paletteは対応する--というものだ。そしてもちろんステアリングもペダルもなく、運転する必要もない。

誰もが驚く提携企業たち

毎年恒例となったCESには、未来的なクルマのコンセプトが数多く展示される。まるでホールからホールへと走り回るジャーナリストたちのポケットに大量に詰まった、予備のバッテリーのようである。

続きを読む

このニュースの写真

  • アマゾンやUberと組んだトヨタは、新しい自律走行車で「モビリティ企業」に転身できるか