産経ニュース

ディズニーのフォックス買収でストリーミング業界は激変する

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ディズニーのフォックス買収でストリーミング業界は激変する

ストリーミングの「断片化」に拍車

このことは、ストリーミングサーヴィス各社にとっては肯定的とは言えない。彼らはコンテンツを充実させるためにディズニーとフォックスに依存しているが、それが使えなくなるわけだ。

Netflix、Amazon、Huluなどは、このような問題への対策も兼ねて、近年はオリジナルのコンテンツを強化しているが、大手スタジオのヒット作を失うことになれば、さらにオリジナルコンテンツを強化せざるを得なくなる。Netflixは『リリハマー』という武器だけではケーブルテレビに追いつくことはできていない。

おそらく何より重要なのは、これがストリーミングサーヴィスの断片化(フラグメンテーション)を示唆しているということだろう。つまり将来、ワンストップショップのようなものはなくなるということだ。

フロスト&サリバンでストリーミングメディアの分析を行っているダン・レイバーンは、「コンテンツ所有者はいま、消費者に直接コンテンツを届けることが可能であり、アグリゲーターは不要だということに気づき始めています」と指摘する。「NetflixやAmazonと競合関係になるかといえば、いずれそうなるときが来るでしょう」

この指摘は一理ある。近年、多くのメディア企業が消費者に直接コンテンツを届けている。『Showtime Anytime』や『CBS All Access』がその好例だ。このような状況は、NetflixやAmazonに対して、オリジナルコンテンツを維持・拡大しなければならないというプレッシャーを与えているはずだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • ディズニーのフォックス買収でストリーミング業界は激変する