産経ニュース

ディズニーのフォックス買収でストリーミング業界は激変する

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ディズニーのフォックス買収でストリーミング業界は激変する

 ウォルト・ディズニーは21世紀フォックスの買収で、大量のコンテンツを入手する。誕生するのは『スター・ウォーズ』に『X-MEN』シリーズ、『ダイ・ハード』『エイリアン』まで保有する、巨大なコンテンツ帝国である。ディズニーが独自のストリーミングサーヴィスを立ち上げれば、ストリーミングの世界が一変することは確実だ。

『デッドプール』がディズニーのものになる。IMAGE COURTESY OF FOX 『デッドプール』がディズニーのものになる。IMAGE COURTESY OF FOX

数年前とは言わないまでも、数週間前から噂が飛び交っていたことが、ついに現実になろうとしている。ウォルト・ディズニーは12月14日(米国時間)、ついに21世紀フォックスのほぼすべてを買収すると発表した。

524億ドル(約6兆円)にものぼるこの買収は、メディア史上最大級の規模となる。そして『シンプソンズ』から『X-MEN』、『ファンタスティック・フォー』、『デッドプール』まで多種多様なコンテンツを所有する企業が、ピクサーや『スター・ウォーズ』、マーベルの大部分のコンテンツを所有する企業の傘下に入ることを意味する。さらにこの買収によって、エンターテインメント、なかでもストリーミングの風景が塗り替えられることになるだろう。

現状では、ディズニーとフォックスが管理するコンテンツ資産は、AmazonからNetflix、Huluまで、さまざまなサーヴィスに分散して展開している。ディズニーはABCも傘下に収めているため、すでにHuluの権利の多くを保有していたうえに、フォックスはHulu株の30パーセントをもっている。つまり、買収後のディズニーは、Huluの大部分を所有することになる。

続きを読む

このニュースの写真

  • ディズニーのフォックス買収でストリーミング業界は激変する