産経ニュース

インテルの「欠陥」、影響はどこまで広がるのか コンピューターの基本的な安全性を脅威にさらすバグ

WIRED WIRED

記事詳細

更新


インテルの「欠陥」、影響はどこまで広がるのか コンピューターの基本的な安全性を脅威にさらすバグ

 インテル製のプロセッサーに内在するバグによって、秘匿性の高い情報がハッキングされるリスクが明らかになった。グーグルやアマゾン、マイクロソフトといった企業は迅速に対応に動き始めたが、どこまで影響が広がる可能性があるのか。その仕組みとともに改めて考える。

PHOTO: JOAN CROS/NURPHOTO/GETTY IMAGES PHOTO: JOAN CROS/NURPHOTO/GETTY IMAGES

コンピューターセキュリティの基本に「隔離」という考え方がある。他人が書いた怪しげなコードは信頼せず、きちんと閉鎖された制限のある環境で実行することをいう。そうしないと、ほかのプロセスを盗聴したり、コンピューター全体を調べ回ったりするおそれがあるからだ。

仮にそうした防護壁が、コンピューターの基盤となるハードウェアに潜む欠陥によって破られることがあったとしよう。そうなればコンピューターの拠り所でもある最も基本的な保護機能が無効化され、あらゆる産業にとっての緊急事態が訪れる。

セキュリティ研究者は2018年早々、LinuxやWindowsの開発者が深刻なセキュリティホールに対するアップデートのベータ版として公開し始めた一連の更新情報に注目した。インテルのチップにあった“バグ”により、低い権限レヴェルで実行されているプロセスが、コンピューター上の聖域ともいえるカーネル(OSの中核をなすソフトウェア)が使用するメモリ領域にアクセスできるというのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • インテルの「欠陥」、影響はどこまで広がるのか コンピューターの基本的な安全性を脅威にさらすバグ