産経ニュース

旧型iPhoneのパフォーマンス低下以外に、アップルができたはずのこと

WIRED WIRED

記事詳細

更新


旧型iPhoneのパフォーマンス低下以外に、アップルができたはずのこと

 バッテリー劣化による突然のシャットダウンを避けるため、旧型iPhoneの速度を意図的に低下させていたことを認めたアップル。しかしiOSへの操作をこっそり行う以外に、解決策はなかったのだろうか? 同社が採りえた解決策と、消費者の「修理の権利」を考える。

PHOTOGRAPH COURTESY OF APPLE

 12月20日、アップルは長年多くの消費者たちが疑ってきたある疑惑を認めた。同社は旧型iPhoneのスピードを意図的に遅くしていたのだ。アップルいわく、この施策を始めたのは1年前。その目的は消費者にスマートホンの買い替えを促すことではなく、バッテリーの劣化に対応することだという。

 今週の初め、Geekbenchの開発者であるジョン・プールは、iOSのアップデートによって旧型iPhoneのパフォーマンスが低下することを示すブログポストを公開した。

 アップルによると、電池残量の低下や低温環境、バッテリーの経年劣化は、すべてデヴァイスのパフォーマンスに影響するという。そしてこういった要因への対策として、同社は旧型iPhoneのパフォーマンスを下げる方針を1年前に採りはじめたことを認めた。

 この説明は理に適っているように思える。しかし、アップルには顧客を裏切ることなく同じ目的を達成するいい方法がほかにいくらでもあったはずだ。そういった選択肢をとっていれば、同社は公からの非難も避けられただろう。

 『WIRED』US版に送られた声明のなかで、アップルはプールの発見内容を認めた。そしてバッテリーの経年劣化による影響を防ぐために、旧型iPhoneのパフォ-マンスを意図的に低下させていたことを明らかにした。「低温環境下での使用や電池残量の低下、バッテリーの自然劣化などの要因によってリチウムイオンバッテリーのピーク電流の供給能力が低下すると、電子部品を保護するために突然のシャットダウンが起きることがあります」

 この意図的なパフォーマンス低下をアップルは何年も行ってきたと多くの人が推測していたが、同社いわくこの方針がとられたのは昨年からで、iPhone 6、iPhone 6 Plus、そしてiPhone SEへの処置だったという。またiOS 11.2によって、今回新たにiPhone 7と7 Plusに対しても同様の処置がとられることになる。アップルは同社の他機種に対しても同様の処置をとる予定だ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 旧型iPhoneのパフォーマンス低下以外に、アップルができたはずのこと