産経ニュース

【ネタバレあり】『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、ファンをほぼ完璧に虜にする 『WIRED』US版レヴュー

WIRED WIRED

記事詳細

更新

【ネタバレあり】
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、ファンをほぼ完璧に虜にする 『WIRED』US版レヴュー

 映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、2017年12月15日に公開された。ライアン・ジョンソン監督の手によって、シリーズはどのような境地に達したのか。『WIRED』US版によるレヴュー。

PHOTOGRAPH COURTESY OF LUCASFILM

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の終盤で、登場人物の1人が宇宙ゴミの散らばる広大な景色をじっと見つめるシーンがある(それが誰か、そしてその人物がどの惑星にいるかは言わないでおこう。口にすればファンをひどく怒らせるだろうし、ライカン将軍も言うように「死の刻印を背負ったまま生きて行くのは容易ではない」からだ)。

旧三部作からそのままもってきたかのようなショットで、監督ライアン・ジョンソンによる衝撃的な最新作のなかで、オリジナルのシリーズの空気感に忠実な数少ないシーンのひとつだ。ジョンソンが脚本も手がけたこの作品は、シリーズのなかでも非常に大胆で、わたしたちが愛するはるか彼方の銀河系にプロトン魚雷を打ち込むような作品に仕上がっている。

古き忠誠はぼろぼろになり、一族の絆はライトセーバーで真っ二つに切り裂かれ、ルーク・スカイウォーカーのように水分農場で育った素朴な少年でさえ、深刻な実存の危機に直面することになる。子どものころに遊んだスター・ウォーズのおもちゃをまとめて裏庭で燃やし、その煙を吸ってハイになるにも等しいような152分間だ。

新たなるスリルを生み出す

『最後のジェダイ』は、2015年に公開されたJ.J.エイブラムス監督の『フォースの覚醒』の直後から始まる。旧三部作の第1章(『エピソード4/新たなる希望』)の焼き直しという感もあった前作では、孤児で砂漠のゴミ漁りをするレイ(デイジー・リドリー)と元ストームトルーパーのフィン(ジョン・ボイエガ)、彼らと敵対するミレニアム・ファルコン級の悪役カイロ・レン(ハン・ソロとレイアの息子で、マッチョだが思い悩むタイプで傷ついた男という設定だ。アダム・ドライヴァーが演じる)の物語が描かれた。

続きを読む

このニュースの写真

  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、ファンをほぼ完璧に虜にする 『WIRED』US版レヴュー