産経ニュース

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、レイはフォースの常識を覆すかもしれない

WIRED WIRED

記事詳細

更新


『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、レイはフォースの常識を覆すかもしれない

「スカイウォーカーの物語」の終焉

情報源:2年後に予定されるエピソード9に関わるであろう人間2人

信憑性:これはほぼあり得ないだろう…。

実際のところ:2019年の公開が予定されている『エピソード9』のあとに、再び3部作が制作されるかどうか考えているファンには、ちょっとした驚きかもしれない。

『フォースの覚醒』の監督J.J.エイブラムスは『ローリング・ストーン』誌のインタヴューで、『9』がシリーズ最後の作品になるのかと尋ねられ、「そうなると思います」と答えた(恐れおののくファンのために「未来は流動的ですけどね」とも付け加えたが)。

デイジー・リドリーもまた、いまのところエピソード9のあとはレイを演じる予定はないと語っている。彼女は「3本分の契約にサインしたので、3作目にも出演してすべてを締めくくることができるのを本当に楽しみにしています」としたうえで、「わたしのなかでは作品は3本です。完結にふさわしいと感じるようになると思いますよ」と話した。

しかし同時に、30年後にお呼びがかかればまた新しいシリーズを撮影しに戻ってくることを考えるかもしれないと付け加えることも忘れていない。「誰にもわからないでしょう。わたしは30年後には世界は終末を迎えているかもしれないと本気で信じているから、そのときに地下都市に住んでいないのであれば…ええ、もちろん。たぶんね」。希望がもてる発言だ!

このニュースの写真

  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、レイはフォースの常識を覆すかもしれない