産経ニュース

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、レイはフォースの常識を覆すかもしれない

WIRED WIRED

記事詳細

更新


『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、レイはフォースの常識を覆すかもしれない

BB-8のダークサイド版

情報源:はるか彼方の銀河系に住む異星人たちの創作責任者

信憑性:BB-8の生みの親を信用できないなら、誰を信じればいいのだろう?

実際のところ:レイが自分探しに忙しい一方で、BB-8も同じような状況に陥ることになりそうだ。原因はファースト・オーダーのドロイド「BB-9E」の登場だ。ルーカスフィルムでシリーズに出てくる生き物たちのデザインチームを率いるニール・スキャンランは、情報誌「Entertainment Weekly」とのインタヴューで、どうやってこんなに可愛いものを邪悪に見せることに成功したかについて、「BB-9Eに関しては、帝国ヴァージョンの文字通り冷徹なファースト・オーダーなら、BBユニットのドロイドはどうなるかというところに立ち返るようにしました」と話している。

その外見は思わず抱きしめたくなるBB-8より、「冷たくて計算高く、よりダイレクトな感じ」だという。スキャンランは、スター・ウォーズのクラシックな場面を彷彿とさせる対決も約束した。「BB-8とBB-9Eには、ルークとヴェイダーのストーリーに似たシーンもある」そうだ。…って、え? BB-9EはBB-8の父親なのか!? エモーショナルな新事実が明らかになるかもしれない。

最高指導者はどうしているのか

情報源:スノークの別人格である俳優アンディ・サーキス

信憑性:こちらも完璧な予言というよりはまだ断片的な情報に過ぎないが、しかし…。

実際のところ:ところで、作品の悪の親玉はどうしているのか。「Entertainment Weekly」が最高指導者スノークを演じるサーキスに行った複数のインタヴューで、『フォースの覚醒』でファンが目にしたあの恐るべき巨大なホログラムの背後には傷ついた男がいるということが示唆されている。そして最高指導者は、一番弟子に不満があるというのだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で、レイはフォースの常識を覆すかもしれない