産経ニュース

中国、AIチップで「世界トップ」目指す戦略明らかに 動き始めた巨大プロジェクトとは

WIRED WIRED

記事詳細

更新


中国、AIチップで「世界トップ」目指す戦略明らかに 動き始めた巨大プロジェクトとは

 中国政府が人工知能(AI)用の半導体に巨額の資金を投じ始めた。しかも、AIに欠かせないGPUの大手であるNIVIDIA(エヌヴィディア)を名指しにしながら、数年で米国に追いつき、2030年までに世界のリーダーになるという野望を明らかにしたのだ。動き始めた壮大なプロジェクトの思惑と、その舞台裏についてのレポート。

IMAGE: GETTY IMAGES

中国政府が驚くべき目標を掲げ、包括的な新戦略を打ち出した。3年以内に人工知能(AI)分野において米国と肩を並べ、2030年までに世界のリーダーになるというのだ。中国科学技術部は2017年10月、ネット上で研究プロジェクトの募集を開始した。告知からは、その計画の一端を垣間見ることができる。

それは米シリコンヴァレーの大手半導体メーカーで、AIの機械学習(マシンラーニング)用チップの主要メーカーであるNVIDIA(エヌヴィディア)を狙い撃ちにしたものだ。資料によると、「13の革新的な技術」計画に数カ月以内に公的資金を投入し、21年までに結果を出したいとしている。

計画のひとつに、人間の脳の構造や機能を模した人工ニューラルネットワークを動かす新しい半導体チップの開発がある。ニューラルネットワークは、グーグルなどのテック企業がAI分野における事業を推進する上で欠かせないソフトウェアだ。

プロジェクトでは、ひとつの基準として具体的に「NVIDIA」という社名を挙げている。新しい半導体チップの性能とエネルギー効率は、AIに用いられるNVIDIAのグラフィック処理ユニット(GPU)用アクセラレーター「Tesla M40」より20倍も優れたものを目指しているという。

M40はこれまで、機械学習より複雑な自律学習をAIに行わせるディープラーニングにおいて、世界最速で処理を行えるとされてきた。いまも多くのAIを使った技術開発で利用されている。しかし、発売からすでに2年が経過しており、もはや最新かつ最高とは言いがたい。

続きを読む

このニュースの写真

  • 中国、AIチップで「世界トップ」目指す戦略明らかに 動き始めた巨大プロジェクトとは