産経ニュース

仮想通貨は「身近な脅威」にさらされている 改めて知っておくべきビットコインのセキュリティ対策

WIRED WIRED

記事詳細

更新


仮想通貨は「身近な脅威」にさらされている 改めて知っておくべきビットコインのセキュリティ対策

 ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)は投資対象として注目されているが、そこには詐欺などの外的なリスク要因も少なくない。見落としがちなセキュリティの“穴”や新手のフィッシング、マルウェアなど脅威は身近に潜んでいる。これらから大切な財産を守るための基本動作を伝授しよう。

10年前と比べれば、仮想通貨(暗号通貨)の所有はそれほど未知の体験というわけでもなくなってきた。しかし、暗号通貨に投資する人々は、いまだにさまざまな不安定要素やリスクにさらされている。抽象的な理論上の危険ではなく、昔ながらの詐欺や新手のトリックが横行しているのだ。

偽ウォレットや秘密鍵(プライベートキー)を盗もうとするフィッシング詐欺だけではない。そもそも暗号通貨のスキーム自体が偽物という場合もあり、いつも周囲に目を配っていなければならない。

暗号通貨は安全なように見える。取引には分散型取引所があるし、匿名のことも多い。また不正防止対策が取られ、公開されたブロックチェーンですべてが管理されている。だからといって、こうした技術により、ほかの分野でも使われている単純で古くからある詐欺に対する安全性が向上するわけではない。

11月初めには、暗号通貨が所有者のリグ(マイニングに使うコンピューター)から不正なウォレットに移し替えられるという事件が起きた。原因は、被害者がログイン認証情報をデフォルトから変更するのを忘れていたことだ。

検索エンジンで、偽のサイトを正規の取引所より上位にもってくるよう仕向けるフィッシング詐欺も急増している。また「CryptoShuffler」と呼ばれるトロイの木馬が、コピー・アンド・ペーストのためにクリップボードに保存されたウォレットのアドレスを記憶することで、何千ドルもの額が盗まれるという事例もあった。

それでも単純なステップをいくつか踏むことで、暗号通貨(BitcoinでもMoneroでも、ほかのどの通貨でも)の支持者はありふれた攻撃から身を守ることができる。現金を見えるところに置かないようにしたり、宝石は金庫に隠しておくのと同じで、暗号通貨の管理にもほんの少し気を遣えばいいのだ。すべての攻撃への防御になるわけではないが、手始めに以下から取り組んでみるのはどうだろう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 仮想通貨は「身近な脅威」にさらされている 改めて知っておくべきビットコインのセキュリティ対策