産経ニュース

真空ではないチューブ内を進む“現実的”なハイパーループ その超高速輸送システムの全貌とは

WIRED WIRED

記事詳細

更新


真空ではないチューブ内を進む“現実的”なハイパーループ その超高速輸送システムの全貌とは

Arrivoはコロラド州交通局との提携を2017年11月14日に発表し、デンヴァー都市圏の交通網の発展に努めることを明らかにした。現在、日本や中国で走っている磁気浮上式鉄道(リニアモーターカー、マグレヴとも呼ぶ)とそっくりなシステムを導入するという。

真空という必須条件を捨てた“ハイパーループ”

イーロン・マスクは13年、チューブ内を高速で移動するというアイデアを初めて公表した。人や貨物をたくさん乗せた流線形の乗り物「ポッド」が、真空管のようなチューブの中につくられた道の上を浮遊して移動するというものだった。摩擦や抵抗をほぼすべてなくすため、ほとんどエネルギーを使わずに超音速に近いスピードに達することができるという。

以来、何百人もの人々と、一部の企業がハイパーループを実現させようとしてきた。イーロン・マスクのアイデアをいくつも組み合わせ、費用やスピード、インフラとしての実現可能性といったファクターの適正なバランスを試行錯誤している。

PHOTOGRAPH COURTESY OF ARRIVO

Arrivoはより大胆な選択をした。真空状態という大前提を捨て、やっかいな抵抗を引き起こす空気の分子を押しのけてポッドを走らせることにしたのだ。超音速移動は難しくなる。バンブローガンは「この結論に至った理由はシンプルです。チューブを建設してほぼ真空に保ち続けるのは、あまりに複雑で費用がかかりすぎ、現実的ではないからです」という。

続きを読む

このニュースの写真

  • 真空ではないチューブ内を進む“現実的”なハイパーループ その超高速輸送システムの全貌とは
  • 真空ではないチューブ内を進む“現実的”なハイパーループ その超高速輸送システムの全貌とは