産経ニュース

真空ではないチューブ内を進む“現実的”なハイパーループ その超高速輸送システムの全貌とは

WIRED WIRED

記事詳細

更新


真空ではないチューブ内を進む“現実的”なハイパーループ その超高速輸送システムの全貌とは

 イーロン・マスクが提唱した超高速輸送システム「ハイパーループ」を推進する企業の共同創業者が独立し、別の次世代交通システムの導入に動き始めた。より現実的だという新たなソリューションは、簡単に言ってしまえば「リニアモーターカー」である。すでにコロラド州が導入に向けて動き始めた、そのシステムの全貌とは。

PHOTOGRAPH COURTESY OF ARRIVO

コロラド州デンヴァーの善良な市民なら、自動運転のトラックがビールなどの壊れやすい品物を運ぶ[日本語版記事]のを目にしたことがあるだろう。シリコンヴァレーを口説き落として手に入れた“大物”だ。そしてコロラド州は次なる狙いとして、イーロン・マスクが提唱した超高速輸送システム「ハイパーループ」に照準を定めている。

正確にはハイパーループそのものではない。「ハイパーループに影響を受けたシステム」である。「この違いは重要です」と、ロサンゼルスのスタートアップ企業Arrivoの創業者で最高経営者(CEO)のブローガン・バンブローガン(これでも本名だ)[日本語版記事]は言う。

続きを読む

このニュースの写真

  • 真空ではないチューブ内を進む“現実的”なハイパーループ その超高速輸送システムの全貌とは
  • 真空ではないチューブ内を進む“現実的”なハイパーループ その超高速輸送システムの全貌とは