産経ニュース

人は幼いころから猫と育つと、ぜんそくにかかりにくい デンマークの研究チームが発表

WIRED WIRED

記事詳細

更新


人は幼いころから猫と育つと、ぜんそくにかかりにくい デンマークの研究チームが発表

遺伝変異のネガティヴな影響を受けにくい?

ところが、データを分析すると、小さいときからネコと暮らしていた子どもたちは、遺伝変異のネガティヴな影響が小さかったことを研究者たちは発見した。言い換えると、ぜんそくを発症させる可能性を倍増させるTT型変異をもっていても、新生児のときからネコを飼っていることが、このリスクの緩和に貢献しているかもしれないのだ。これは犬を飼っていた子どもには、見られなかった結果である。

さらに、同じ研究者チームによって行われた先行研究は、フィラグリンと呼ばれるタンパク質をコードする特定の遺伝子変異をもつ人々が、ネコが家にいると、湿疹や皮膚炎を発達させるリスクがより高いことを明らかにしていた。この場合、このような条件の発生を防止する上で、犬が助けになるようだ。

研究者たちが語っているように、この種の防護が生じる正確なメカニズムは、まだ十分に明らかになっていない。しかし研究の結果は、わたしたちが生まれてから病気を発症するまでのメカニズムが、いかに複雑でありうるかを示している。

論文の著者のハンス・ビスゴーはこう説明している。「わたしにとってこれは重要なメッセージです。わたしたちの研究は、遺伝子と、わたしたちが生きている環境の相互作用を証拠づけています。特に妊娠の間でも、家でも、それは非常に早期から起こるのです」

このニュースの写真

  • 人は幼いころから猫と育つと、ぜんそくにかかりにくい デンマークの研究チームが発表