産経ニュース

人は幼いころから猫と育つと、ぜんそくにかかりにくい デンマークの研究チームが発表

WIRED WIRED

記事詳細

更新


人は幼いころから猫と育つと、ぜんそくにかかりにくい デンマークの研究チームが発表

 幼いころからネコと一緒に育つと、ぜんそくや気管支炎などの呼吸器疾患にかかりにくくなる--。そんな研究結果を、デンマークの研究チームが発表した。その理由とは。

家で動物と一緒に育つことには数多くの恩恵がある。デンマークの小児ぜんそく専門の研究センター「COPSAC」の研究チームによると、ネコはぜんそくや気管支炎、肺炎のようないくつかの肺疾患から、わたしたちを守ってくれるかもしれない。特に幼いころから同居する場合には。

これまで多くの先行研究が、互いに全く相容れない結果を示唆してきた。研究の一部は、ペットを飼うことが特定の過敏反応の発達を防ぐことを明らかにしていた。一方、いくつかは何も違いはないと、またいくつかは反対にネコを飼うことが状況を悪化させるかもしれないと実証していた。

また同時に一部の結果からは、“主犯”が17q21遺伝子のTT型と呼ばれる変異であることが判明していた。これは実際に、ぜんそくや気管支炎などが発症するリスクを倍増させる。

「Journal of Allergy and Clinical Immunology」で発表された今回の研究によると、研究者チームはデンマークの377人の子供の医療、遺伝、環境情報を分析した。この子どもたちのうち、約3分の1がTT型の変異を保有していて、そのためぜんそくを発症しやすかった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人は幼いころから猫と育つと、ぜんそくにかかりにくい デンマークの研究チームが発表