産経ニュース

糖質をとると、がんの原因に? 話題を呼んだ研究の「本当の中身」

WIRED WIRED

記事詳細

更新


糖質をとると、がんの原因に? 話題を呼んだ研究の「本当の中身」

 「糖はがんの栄養源」という研究成果がニュースで話題になり、「糖質制限は体によい」と考える人たちを勢いづかせた。だが、実験室で微生物を使って行った実験の結果が人間にも適用できるのかといえば、必ずしもそうではないらしい。ニュースの真相に迫った。

しばらく前、食生活に潜む危険について新たに警鐘を鳴らすニュースが世界を駆けめぐり、いたるところで食べかけのドーナツがゴミ箱に捨てられる事態が発生した。ニュースの見出しには、「糖はがんの好物:最新研究で判明」といった言葉が躍っていた。

問題となった論文は、『Nature Communications』に2017年10月13日付で掲載されたものだ。「今回わかった糖とがんの関係は、広範囲に影響を与えるでしょう」と、共著者のひとりであるベルギーの生物学者、ヨハン・ティーヴリンはプレスリリースで述べている。確かに影響は広範だった。反・炭水化物派の闘士たちは、すぐにTwitter上で糖類撲滅の気勢をあげたのだ。

だが、ちょっと待ってほしい。今回の発見は、糖の摂取(あるいは糖の摂取を断つこと)が、がんの発症や成長に影響を及ぼすことを証明するものではない。この研究の対象は酵母であり、その結果は以下の通りだ。

論文の著者が、のちにトーンダウン

まず、酵母をブドウ糖過多の条件におくと、腫瘍内によく見られるある種のたんぱく質が過剰生産される。このたんぱく質は、腫瘍細胞の成長と分裂を促進する。したがって、高血糖は既存の腫瘍を悪化させるおそれがある--というものだ。

確かに興味深い研究だが、特定の食生活を医学的見地から推奨するものではまったくない。論文掲載の翌週には、ティーヴリンもメディアに向けて、主張をトーンダウンさせた。「糖ががんを発生させるメカニズムをわたしたちが発見したと一部の人は解釈していますが、それは明らかに誤りです」

続きを読む

このニュースの写真

  • 糖質をとると、がんの原因に? 話題を呼んだ研究の「本当の中身」