産経ニュース

ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)

WIRED WIRED

記事詳細

更新


ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)

 ソフトバンクが2017年6月に買収したボストン・ダイナミクスが、なんと「バク宙」するヒト型ロボットをつくりあげた。その進化は、歩いたり走ったりするにとどまらないのだ。論より証拠。記事中にある動画をご覧いただきたい。

ソフトバンクが2017年6月に買収したボストン・ダイナミクスの人間型ロボット「Atlas(アトラス)」が、いまや「バク宙」をするまでに進化した。大事なことなのでもう一度言おう。バク宙するヒト型ロボットだ。

関連記事Pepperは新たな「脚」を手に入れる--ソフトバンクが買収した米ロボット企業の正体と、生み出された凄いロボットの数々

下の動画を見てほしい。ヒト型ロボット(ヒューマノイド)が、まさにバク宙をしている。さらにその前に、ロボットは台から台へと飛び移っている。まるで二足歩行ロボットはそうするのが当たり前であるかのように--。

はっきり言っておこう。 ヒューマノイドにこんな動きができるなんて考えられない。効率的な動きをする二足歩行ロボットをつくるのは非常に難しいのだ。ましてや宙返りだなんて。

四足歩行ロボットは、止まっているときも動いているときも、たやすくバランスをとって美しい動きをする。しかしアトラスのような二足歩行ロボットは、2本だけの脚で、かさばる上半身のバランスをとらなければならない。そう考えればロボット研究者は、動きを容易にマスターする非人間型ロボットの開発に時間をかけたほうがいいと言えるかもしれない。

続きを読む

このニュースの写真

  • ボストン・ダイナミクスのヒト型ロボットが、なんと「バク宙」するまでに進化した(動画あり)