産経ニュース

米Uberが「空飛ぶタクシー」を2020年に試験飛行 その実現性を探る

WIRED WIRED

記事詳細

更新


米Uberが「空飛ぶタクシー」を2020年に試験飛行 その実現性を探る

そう、Uberは空飛ぶクルマを使ったサーヴィスを提供するつもりだ。計画を明らかにしたのは約1年前だが、実現に向けた準備は着々と進んでいる。すでにテキサス州ダラスとアラブ首長国連邦のドバイでの試験展開が決まっている。

そして2017年11月8日、ロサンゼルスでも2020年から試験展開を行い、数年後には本格的なサーヴィスを開始する考えを明らかにした。

Uberはこの発表と併せてイメージ動画も公開した。乗客たちはエレヴェーターでビルの屋上に向かい、スマホをかざしてゲートを通過し、屋外に出る。空港のようなセキュリティーチェックはなかったが、どこかで事前に検査が行われるのだろう。オレンジ色のヴェストを着たスタッフが乗客4人を乗り物まで誘導する。

操縦席にはパイロットがおり、客席の上に取り付けられた小型モニターには到着予定時刻が表示される。あとはリラックスして席に着き、地上で交通渋滞に巻き込まれている時代遅れな愚か者たちをあざ笑うだけだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 米Uberが「空飛ぶタクシー」を2020年に試験飛行 その実現性を探る