産経ニュース

人工知能を積む「未来のランボルギーニ」は、スポーツ走行の楽しみ方をレッスンしてくれる

WIRED WIRED

記事詳細

更新


人工知能を積む「未来のランボルギーニ」は、スポーツ走行の楽しみ方をレッスンしてくれる

 人工知能(AI)が搭載された自律走行車が普及したら、ランボルギーニやマクラーレンを操る楽しさは失われてしまうのか--。そんな心配は無用だ。スーパーカーならではの走りを安全に楽しむ方法を、クルマが教えてくれるようになるのだという。

PHOTOGRAPH COURTESY OF LAMBORGHINI

 その日、ステファノ・ドメニカリは“ユニフォーム”を着用するのを放棄していた。いつもは公の場では、クルマよりも高価なスーツを着ているような男である。何を隠そう、ランボルギーニの最高経営責任者(CEO)なのだ。

 彼の会社は富、流行、そしてイタリアっぽさを象徴している。CEOの外見をなす要素のいずれもがそれに準じていなければ、もはや犯罪に近い。だが、この日の彼はスーツこそ着ているものの、完璧にプレスしたシャツの襟のボタンは外したままにしている。ネクタイにいたっては、着けてさえいなかった。

 というのも、寛大で型にはまらないシリコンヴァレーの服装のセンスに敬意を表し、あえてカジュアルなルックスを選んだのだという。ドメニカリは、ある調査のためにシリコンヴァレーを訪れていた。人工知能(AI)と自動運転の未来を探りに来たのだ。

 クルマの運転をすべてロボットが行うようになると、地球上に存在するあらゆる自動車メーカーのうち、ランボルギーニが最も割を食うだろう。地上での移動が“個人的な体験”というより、ただの“モノ”にすぎなくなるからだ。

 同社は「運転時に興奮を覚えるクルマ」をブランドの柱にしてきた。もしクルマのコントロールをロボットに明け渡してしまったら、740馬力のV型12気筒エンジンと、そこから生まれる排気音にしびれることはできなくなるだろう。

 「こうした技術の需要が高まるほど、われわれも変化していかなければなりません。わたしたちの顧客は自らの手でクルマを操り、ドライヴを楽しみ、感動的な体験をたっぷり味わいたいと望んでいるのです」と、ドメニカリはいう。

続きを読む

このニュースの写真

  • 人工知能を積む「未来のランボルギーニ」は、スポーツ走行の楽しみ方をレッスンしてくれる