産経ニュース

「オスプレイ」の進化形「V-280」の試作機が完成 米軍輸送ヘリの後継有力候補に

WIRED WIRED

記事詳細

更新


「オスプレイ」の進化形「V-280」の試作機が完成 米軍輸送ヘリの後継有力候補に

操縦士たちにとっての快適性も考慮されている。フライト・コントロール・アヴィオニクスは、ロッキード・マーティンの輸送機「C-130K(ハーキュリーズC.1)」のシステムをベースにしたもので、計器盤にはフラットで大きなスクリーンが組み込まれている。

また、ベルが目指す速度と航続距離を考えると、操縦士の疲労が問題になりうる。このため設計チームは、従来のセントラル・サイクリック・スティック(ヘリコプターパイロットの両脚の間にある操縦桿)に代えて、操縦士が右腕で操作しやすい位置にジョイスティックを設けた。

PHOTOGRAPH COURTESY OF BELL HELICOPTER

ティルトローター機に分類されるV-280は、いわば飛行機とヘリコプターのハイブリッドだ。ヘリコプターは中央にひとつのローターを備えるが、こちらは左右の短い主翼の両端に、2つのローターが取りつけられている。離着陸時にはローターブレードが地面と平行になり、滑走路を必要とせずに、ホヴァリングによって機体を浮揚させることができる。

そうして空に舞い上がったあと、ローターを飛行機のプロペラと同じように前向きにすると、ヘリコプターよりも速い前進飛行が可能になるのだ。V-22オスプレイは、このコンセプトの有用性を実証してみせたが、同時にこうした「トランスフォーマー」型の航空機が、いかに複雑で高価なものになりうるかを示す例にもなった。

ベルは、エンジンを固定したままプロペラ部分だけをスイングさせることで、V-280の構造をよりシンプルなものにした。これによって、可動部品の点数を大幅に減らしただけでなく、離着陸時に高温のエンジン排気を地面に吹きつけることもなくなり、陸軍が要求する機体側面の積み下ろしドアを設置できたのだ。

プロトタイプから数メートル離れた場所に張られた黄色いテープの手前には、背の高い金属製のワークステーションが一列に並んでいる。「ある意味ではオールドスクールなやり方に戻って、スタッフを設計室から連れ出したのです」と、V-280製作チームのマネージャー、ジェフ・ジョセリンは語った。こうすることで、コミュニケーションが取りやすくなり、全員が同じ目標に集中できるのだという。

「天候がどうだろうと、わたしは気にしません。視線のすぐ先に美しい航空機があれば、少しくらい風が強くてもその場にいたいと思うものですよ」

続きを読む

このニュースの写真

  • 「オスプレイ」の進化形「V-280」の試作機が完成 米軍輸送ヘリの後継有力候補に