産経ニュース

新しい「3つのiPhone」からどれを選ぶか…究極の選択を心理学的に考察してみた

WIRED WIRED

記事詳細

更新


新しい「3つのiPhone」からどれを選ぶか…究極の選択を心理学的に考察してみた

 アップルが2017年モデルとして発表したiPhoneは、8、8 Plus、Xの3機種。どれを選ぶか迷っている人のために、心理学に基づく意思決定方法を紹介しよう。

新しいスマートフォンを買いに行こうと思っても、どれを買えばいいか決断できない--。そんな体験は誰にでもあることだろう。アップルファンの場合、特にこの1カ月はいつもよりも強くそう感じていたのではないだろうか。

アップルは2017年にも新しいスマートフォンを発表した。「iPhone 8」と「iPhone 8 Plus」、そして「未来がここに」とうたわれた「iPhone X」である。

iPhone Xは、まるでスクリーンになったかのようなディスプレイに加え、カメラの種類が増えて性能も向上し、そしてアップルがこれまでにつくったなかで最も素晴らしいスマートフォンだ。もちろん、欲しい人は多いだろう。欲しくて欲しくてたまらないはずだ。

ただし、あろうことか、価格は999ドル(日本では税別11万2,800円)からとなっている。それだけの金額を払えるだろうか? 無理だ。ではローンを組んだら? 絶対にダメだ。二度とその手に引っかかってはならない。だったら、iPhone 8 Plusで手を打つのがいいだろう。月並みだなんて言ってはいけない。きっと好きになるはずだ。

でも忘れていたことがある。iPhone Xは、あの桁違いにキレイな有機ELディスプレイと、動物などのアニメの顔を自分の表情に合わせて動かすことができる「Animoji」にも対応している。これらは数百ドル追加しても十分に価値のある機能だ。Animojiで、山盛りの「うんち」になってしゃべる機能の値段など、一体いくらにしたらいいのだろうか。答えは「値段は付けられない」だ。しゃべるうんちなんて、いくら金を積んだって買えるものじゃない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 新しい「3つのiPhone」からどれを選ぶか…究極の選択を心理学的に考察してみた