産経ニュース

北朝鮮にハッキングできたとしても、「ミサイル」までは止められないかもしれない

WIRED WIRED

記事詳細

更新


北朝鮮にハッキングできたとしても、「ミサイル」までは止められないかもしれない

 米国と北朝鮮は水面下で互いにデジタル攻撃を仕掛けあっており、緊張感が日に日に高まっている。米国は北朝鮮からの攻撃を防げているものの、彼らをハッキングできないままだ。その理由とは意外なことに、北朝鮮のインフラがネットワークから遮断されており、インターネットからはアクセスできないことだった。

PHOTO:KCNA/AFP/AFLO

米国と北朝鮮との緊張が高まるなか、サイバー分野での冷戦も並行して進んでいる。周知の核ミサイル問題とは別に、両国はいずれも水面下で相手へのデジタル攻撃を加速させているのだ。北朝鮮のハッカーが世界のネットワークで暴れ回る現状[日本語版記事]に、米国は北のハッカーたちが使っているシステムへの攻撃で応じている。

デジタル世界を支配するのは米国だが、セキュリティー専門家や諜報機関の元職員たちは、実際の“戦場”では北朝鮮が有利だと考えている。米政府のハッカーたちは、北朝鮮のインフラの末端に噛みつくことはできるかもしれない。しかし、その中心部に侵入し、核ミサイル開発を混乱させたり遅らせたりするところまでたどり着くのは、不可能ではないにしろ非常に難しい。

『ワシントン・ポスト』は2017年9月末、米サイバー軍が朝鮮人民軍偵察総局(RGB)の使用するコンピューターを攻撃し、少なくとも一時的にオフラインにすることに成功したと報じた。ならず者国家に対しては手段を選ばないという方針の一応の成果だ。そして実際、「隠者王国(the Hermit Kingdom)」(訳注:17~19世紀の朝鮮に付けられたあだ名)のうちわずかながらインターネットに繋がっている部分は、米国からの攻撃に際して被害を受けやすいと専門家は指摘する。

しかし、今回の作戦の成功は北朝鮮のコンピューターを完全にやりこめたというよりは、せいぜいがDoS攻撃(サーヴァーやネットワークに過剰な負荷をかけることでシステムの正常稼働を妨害する)程度のものだ。北朝鮮のインフラの大半は未だにインターネットに繋がっておらず、ハッカーたちはネットワークの内部に入り込めないでいる。外部から切り離された核兵器システムに侵入するのは手ごわいミッションだ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 北朝鮮にハッキングできたとしても、「ミサイル」までは止められないかもしれない