産経ニュース

まるで鳥…2足歩行ロボットのいま 効率的と安定を追求した結果「ヒクイドリ」の歩行に(動画あり)

WIRED WIRED

記事詳細

更新


まるで鳥…2足歩行ロボットのいま 効率的と安定を追求した結果「ヒクイドリ」の歩行に(動画あり)

それでも、ロボット工学には魅力や将来性がある。機械が自由に移動するための正解はひとつではないからだ。ボストン・ダイナミクスの恐ろしく敏捷な4本脚の運搬ロボットは、素晴らしい安定性を備えている。狭い隙間にもぐりこめるゴキブリ型ロボット[日本語版記事]が、崩壊した建物を調べるために、瓦礫の中を這いまわる日が来るかもしれない。ロボット化が進むいま、2足歩行ロボットにうってつけの居場所が見つかるかもしれない。たとえば、廃炉になった原子力施設で梯子を上って弁をひねるなどといった“人間的な仕事”だ。

Cassieには、まだ腕がない。行き先は人間が指示しなくてはならない。しかし、これから2足歩行ロボットはさまざまな場所に行くことになるだろう。エヴェレスト山の頂上に行くのは当分無理だとしても、行けるところはいろいろある。

RELATED

このニュースの写真

  • まるで鳥…2足歩行ロボットのいま 効率的と安定を追求した結果「ヒクイドリ」の歩行に(動画あり)