産経ニュース

きっかけは金正恩氏がトランプ氏に投げつけた言葉から…全米でバズったナゾの英単語「dotard」とその顛末

WIRED WIRED

記事詳細

更新


きっかけは金正恩氏がトランプ氏に投げつけた言葉から…全米でバズったナゾの英単語「dotard」とその顛末

オックスフォード英語辞典「チョーサーが600年以上前に書いた『カンタベリー物語』のなかの「バースの女房の話」では、dotardという嘲りの言葉が使われている」

だが、今回の1件で最も貴重だったのは、“学びの場”が生まれたということだ。外交についてはともかく、語彙を学ぶことはできた。金正恩の声明でこの単語を使ったということは、北朝鮮の通信社が使っている英語の辞書が少し古いのではないかと指摘する人もいた。

言語は急速に進化するため、刺激的な新しい言葉が次々とつくられては、同じくらいの単語が使われなくなっていく。ぼくらは新しい言葉をつくるのと同じくらい素早く、言葉を捨ててしまう。そしてそれは、オンラインの世界では特に。

続きを読む

このニュースの写真

  • きっかけは金正恩氏がトランプ氏に投げつけた言葉から…全米でバズったナゾの英単語「dotard」とその顛末