産経ニュース

EVで甦る「最も美しいジャガー」と「2020年までに全車種EV化」の狙い

WIRED WIRED

記事詳細

更新


EVで甦る「最も美しいジャガー」と「2020年までに全車種EV化」の狙い

 ジャガーランドローバーが、2020年までに全車種のEVモデルを生産すると発表した。また、史上最も美しいクルマと称された「Eタイプ」のEV「Eタイプ・ゼロ」も発表している。従来のオーナーがEVであることを優先してテスラなど他社のクルマに乗り換えないようにするうえでは、理にかなった決断だといえそうだ。

イーロン・マスクには申し訳ないが、電気駆動と美しさを兼ね備えることについて、世界に新たな支配者が現れた。ジャガーランドローバーは9月7日(米国時間)、「Eタイプ・ゼロ」を発表したのだ。これは、フェラーリの創設者エンツォ・フェラーリが史上最も美しいクルマと称した1960年代のクラシック・スポーツカー「Eタイプ」を、バッテリー電源で蘇らせたものだ。

残念なのは、40kWhのバッテリーパック装備、1回の充電で約270km走行可能、停止状態から5.5秒で時速約96kmに達するというスペックがリアルなものではなく、まだコンセプトでしかないということだ。ジャガーは、「このコンセプトを市場に出すための研究を進める」と述べているが、同社が今後どう判断しようと、これはいわゆる「釣り広告」にすぎないといえるだろう。

ポジション争い

歴史的最高傑作が電気で走るというコンセプトは、ジャガーランドローバー(とジャーナリスト)にとっては、身震いするような発想だ。これは、同時に発表された同社の未来に関するニュースへとスムーズにつながっている。同社は、2020年までに全車種のEVまたはハイブリッド車を提供すると明らかにしたのだ。この転換は18年から始まり、まずはジャガー初の完全電気SUV「I-Pace」が発売される。

続きを読む

このニュースの写真

  • EVで甦る「最も美しいジャガー」と「2020年までに全車種EV化」の狙い